金曜午後六時ハチ公、命捨てるかパンプス買う散歩

1/19
188人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ

金曜午後六時ハチ公、命捨てるかパンプス買う散歩

金曜午後六時、渋谷駅ハチ公口はまだ明るい。 カップルの待ち合わせ。 友達同士の待ち合わせ。 今ここにいる人たちは、いったいその先に何があると思ってるんだろう。 どうしたら期待できるんだろう。 私はもう何も期待しない。 母親も愛犬のシナモンももういないし、友達も元カレも無価値だってことをいやってほど実感した。 十七年間生きて、誰もが注目する女子高生を現役で二年もやれば、多くの現実は正確に見えてるはずだ。 環境を変えた未来? そんなの面倒。 SNSで日々ふってくる鬱陶しい顔にも、世間にももううんざり。 この先別世界が待ってるなんてとても思えない。 もしあってもたどり着く気力はない。 でも私は痛いのは嫌だ。 自殺マニュアルサイトで首吊りは苦しくないしドアノブでもできるという事を知った時、久しぶりに心が晴れた。 でも一人では心配だった。 自殺未遂で発見されるなんて最悪だから。 だから私は死の介助をしてくれる死神を召喚した。 金曜午後六時、ハチ公前で死神と待ち合わせ。 私は今から、100の嫌な顔を見たら死ぬ。 もし嫌な顔が100未満だったら、パンプスを買って帰る。 でもパンプスを買う可能性は限りなく低い。 そのために金曜午後の渋谷を選んだ。 この散歩は自殺以上に命を否定したい私のお遊び。 人の命なんて、ゲームの結果みたいに軽い。
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!