北州の少年

5/42
170人が本棚に入れています
本棚に追加
/52ページ
「私、一緒の部屋になったのが天璃さんでよかったです」 「何だい急に?……でもまぁ、皆が皆、俺みたいに思ってるわけじゃないっていうのもまた、事実なんだよねぇ……」 「ですよねぇ…………」  最後の一言で、柴炎は再びどんよりと曇り顔になった。 (妬まれてるんだろうなぁ)  ひしひしと四方から突き刺さる視線が痛い。  ここへ来る時、入り口に立っていた警備兵に名を確認されたところ、「お前たちで最後だ」と言われたので、ここに此度の科挙及第者が全員揃っているということになる。  数にして六十余名。会試だけでも数万人、郷試も含めばもっと多くの受験者のなかでも、選び抜かれた秀才たちがこの場にいる。  しかも、そのほとんどが貴族層だ。  科挙を受けるとなれば、教材や学塾にかかる費用で家計に多大なる負担がかかる。だから受験者のほとんどは貴族や一部の裕福な農民・商人層。  誰でも受けられるとはいえ、暮らしていくだけで精一杯の一般市民には、学費に費やすには経済的にも時間的にも余裕がなかったのである。  ただ柴炎の場合は少し特殊なので、その点で困ることは無かったが。むしろ教材に関しては恵まれていたと思う。 「面倒なことにならなきゃいいけど」 「本当ですね。でも、かかってくるなら受けて立ちますよ。せっかくーーやっと官吏になれたのに、出る杭(、、、)になって大人しく打たれてたまるもんですか!かかってこいです」 「ははっ、いい度胸だ」  からりと笑う天璃に、柴炎も意気込んで笑み返した。  ーーが、その直後である。 「柴炎さぁ〜〜んっ!!」 「ぐえっ」
/52ページ

最初のコメントを投稿しよう!