水嶋さん

1/6
1641人が本棚に入れています
本棚に追加
/190ページ

水嶋さん

角のある波なんて無かった。 どこまでも凪いだ水面は穏やかに揺れているだけだ。そこに突然落ちてきた小さな水滴。 然程揺らぐ事など無かった筈が、輪になって幾重にも盛り上がったなだらかな波紋は広がって…… 広がって、溶けて見えなくなった。 feee61dc-182e-47ec-91a6-c52679a99bff 足元で跳ねる雨粒がズボンの裾を濡らしていた。 ビルの壁面に張り付いた大型の液晶が雨に烟って滲んでいる。 画面いっぱいの大写しになっているのは女優かタレントか、よく知らない芸能人だ。頬を染め、はにかみながら大きな石の付いた指輪を見せている。どこかの金持ち青年実業家と結婚が決まったらしい。 瞬くフラッシュの中でインタビューを受けていた。 「今あなたの人生は何色ですか?」 記者の発したどうでもいい質問に「薔薇色です」と答えている。 「なあ…薔薇色って何色だ?薔薇って赤も黄色もピンクも紫もあるだろう」 「そんな直接的な意味じゃ無いと思うんですけどね」 「何でだよ、色を聞かれたんなら色を言えよ」 「まあ…いいじゃないですか、どうせ俺たちに関係ないし、色番を調べろなんて言われませんよ」 「言えば調べてやるのに…」
/190ページ

最初のコメントを投稿しよう!