出会い

1/22
5621人が本棚に入れています
本棚に追加
/98ページ

出会い

私たちの出会いは決まっていた運命だったのかもしれない。 何度そう思ったか分からないぐらい、うまく言葉で説明できない。 ベッドの中で横には佑がいて、仕事の疲れか既にスースーと眠る音が聞こえていた。 私を背中から包み込むように、ゆるく抱きしめて眠っている。少し身動きすれば、意識はないはずなのに、抱きしめる力が少し強くなる。 佑の包み込むあたたかさと 優しさと 私を見つめる情熱的な瞳と 佑からの無償の愛は 出会った頃から変わらない。 私たちのぴったりはまる感覚は、いつどんな時も感じていて。 この人しかいない。 この人じゃないとダメだ。 この人とずっと、ずっと一緒にいたい。 そう思ってならないんだ。 それはきっと私達の出会いは偶然なんかじゃなくて、運命だったんだ、って。
/98ページ

最初のコメントを投稿しよう!