噂とは

1/16
5621人が本棚に入れています
本棚に追加
/98ページ

噂とは

自宅の最寄駅から会社まで、30分。 近すぎず遠すぎず、私たちのマンションはある。 家から出た瞬間。私は一気にさっきまでの幸せの気持ちから、そんな空気を漂わせないほど独り身である空気を出し、小さく、暗くなる。 会社に着いても同じ。 自分の席に着いても同じ。 仕事をしているときでも同じ。 私は総務部に所属しているが、去年まで経理部にいたため、たまに私個人に経理部の仕事が舞い込んでくる。それも決まって会社の決算日である月末、お盆前、年末、新年度の春前の猫の手も借りたいほどの時期。 私の勤める会社は“前もって行う“を裏の社訓に習い、皆日々の業務を行なっている。それでも、やっぱり大きな決算日では残業が多くなるし、総務部の仕事も平行に行っているため割と大変。 「おはようございます」 そう言って、部署内に入り、みんなと挨拶をする。 「はよー」 「おはよー」 「おはようございます」 私は入社4年目だから少なからず後輩もいることはいる。だけど直接指導したわけではないから、そこまで親しみはない。直接指導した同僚なんかは、下の名前で呼ばれていたりしている。 私はずっと変わらず「麻井さん」か「麻井先輩」。同僚なんかにもそう呼ばれている。どうやら私は絡みづらいらしい。おしゃれに気を使っていないから、そう言った話も合わないだろうし、そもそもおしゃべりではないから、自分から話すこともない。もうこれが私のスタイルだし、変える気もさらさらない。友人も一人いれば十分でしょ。 そして今日も噂話を聞くことから1日が始まる…。
/98ページ

最初のコメントを投稿しよう!