朝食

1/2
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/16

朝食

いったい、何時からだろうか。徹夜が翌日に堪えるようになったのは。 亜人絡みの事件が夜中にメインとなるのは仕方ない。何しろ亜人の多くは今でも夜行性なのだから。 だが、年齢としのせいか昔よりも事件明けの朝が辛くなってくるのは頂けなかった。 桐生ハヤトは3時間の仮眠から起き上がり、冴えない頭を抱えながらリビングに姿を現した。 「あー‥‥くそっ‥‥身体が重てぇ‥‥」 チラッと事務机の上を見ると、山積みの書類が崩れ落ちそうになっていた。 「ふん‥‥まぁ‥‥片付けるのは後で良いか‥‥」 リビングのテレビが、昨晩の事件について慌ただしく伝えている。 「‥‥以上、現場からでした。えー、昨日発生した成本財閥の事件は大きなショックとして受け取られ、同時に世界的な株安をも引き起こしており‥‥」 「やっているなぁ‥‥」 ため息混じりにハヤトはきびすを返し、キッチンへと向かう。 お湯を沸かし、コーヒーポットとマグカップを用意する。食パンを切り分け、トースターを予熱させる。朝食をとるための、いつもの手順だ。 だが、今朝は『いつもの朝』とはひとつだけ事情が異なるのだ。 「おい‥‥お嬢ちゃんよ。アンタ、コーヒーは飲めるのか? それとも『お紅茶』とかか?」 ハヤトが、リビングで熱心にテレビを見ている女性へ声を掛ける。 そう、テレビがヒスリックに伝えている緊急特番の『主役』亜久里ユリナである。 彼女は莫大な価値を持つとされる『1/32の亜人混血フェアリーブラッド』の所有者だ。 その血液を他の亜人から狙われるのを避けるため、事件が一段落した今朝からハヤトの元に身を寄せているのだ。 「え?何ですか? あっ!コーヒーですか? ええ、大丈夫ですとも。私、コーヒー飲めます。あの‥‥出来たらブラックが良いのですが」 食い入るようにテレビを見ていたユリナが、慌てて振り返った。 「お嬢ちゃんよ。アンタ、ちゃんと寝れたか?」 マグカップに予熱のお湯を注ぎながら、背中越しにハヤトが尋ねる。 「‥‥いえ、あんまりは。あの‥‥テレビ、凄いことになってますね」 ユリナの視線は再び、テレビに戻っていた。 「そら、そうだろうさ。亜人絡みとしちゃぁ、久しぶりの『国際的大事件』だからな。世間が騒がしいのも仕方ねぇよ。つーかさ、アンタ『主役』なんだぜ? 他人事みたいな事言ってるけど」 「‥‥何か、実感無いです」 首を項垂うなだれて、ユリナがボソリと呟く。 「‥‥そうかもな。ま、しばらくはアレだ、大人しくしてんだな」 ケトルがピー‥‥と高い音を出し、お湯が沸いた事を知らせている。 ハヤトはコーヒー豆をとりだし、ミルの中に入れてスイッチを入れた。 「さっき、『株安』って言ってましたけど‥‥株価にも影響が出てるんですか?」 やや心配そうに、ユリナがハヤトの背中を見つめる。 「別にアンタが『悪い』ワケじゃねーし、気にする必要はねぇさ。だが『悪いこと』をしてた企業の株は軒並み取引一時停止サーキットブレーカーだろうな‥‥今の株取引は、ほとんどAI判断だから『何かある』と全面的に下落すンのさ」 「そうですか‥‥」 ユリナは何処か上の空のようだ。それはそうかも知れない。 自分の行動が切っ掛けで世界に影響が波及していると聞いても、すぐに実感が湧くことはあるまい。 ハヤトは心配そうなユリナの背中を伺いながら、コーヒーを片手に古い椅子に座った。
/16

最初のコメントを投稿しよう!