検察

1/2
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/16

検察

「その‥‥昨日から気になってたんですけど」 亜人検察庁へと向かう車中で、ユリナがハヤトの腕に着けられた端末を指差す。 「そこから声の出ている『チャンキー』さん?って何者なんですか?」 「ん? ああ‥‥『チャンキー』はな‥‥」 「ケケケッ! オレはコイツの専属AIサー! よろシくゥ!」 ハヤトが言いかけたところで、チャンキーが割って入る。 「おいっ! 人が喋ってのに、被せてくんじゃねーよっ! 全く‥‥」 ハヤトが悪態をついた。 「‥‥オレら検察官は、何でも一人でやらなきゃならんのでな。膨大なデータの検索や、記録ログの取得なんかをサポートしてくれるAIが必須なんだよ。 『コイツ』の本体は『とある場所』にある専用サーバで、そこからWEB経由でこの端末に音声を出してんだ」 「へぇ‥‥でも‥‥」 まじまじと、ユリナが腕の端末を見る。 「AIは私も学校で使ってますから知ってますが、こんなに『フランクな感じ』では無いですよ?」 「ハッキリいうネー。そウさ、オレは口が悪いのが特徴ナのサー! 」 「あ、いえ、そういう意味ではなくって‥‥何か『人間みたいだな』って思ったものですから!」 機械に気を遣う、というのも可笑しな話かもしれないが、それでもユリナは慌てて訂正した。 「‥‥コイツの口が悪りィのは、コイツのソースコードを書いたプログラマの性質たちなんだよ」 ハヤトが真顔で答える。 「コイツの生みの親は『チアキ』って名前で、オレの幼馴染だったんだ。頭ぁずば抜けて良かったんだが、何しろ性格が『イカれてる』ヤツでさ‥‥付いたアダ名が『薬物中毒患者ジャンキー』ってんだよ」 「まぁっ! 酷い言われようですこと」 「酷い‥‥って言えばそうなんだが、本人は逆にいたく気に入っていてね。それで、自身が作ったAIに『チアキ』と『ジャンキー』を合わせた『チャンキー』って名付けたのさ」 「なるほど!『チャンキー』って、そういう意味だったんですね!」 ユリナは、それで納得がいったようだった。 亜人検察庁の建物は官庁街には無い。 むしろ『そこ』は田舎と言って充分に差し支えないほどであり、広々とした田園風景の中にポツンと建っていた。 「‥‥亜人検察庁って此処なんですか?」 ユリナが不思議そうな顔をしている。 「ああ。廃校になった中学の建物を転用してるんだよ。何しろ、亜人検察庁おれたちは敵が多いんでな‥‥何かあると周りに巻き添えが出ちまうから、こういう処の方が都合が良いんだ」 ハヤトは愛車を施設内に入れて、駐車場に止めた。 「敵? 亜人検察庁がですか?」 ユリナには理解が難しいようだ、とハヤトは思う。もっとも、『そういう思想』の方が健全と呼ぶにふさわしいのかも知れないが‥‥ 「そうだ『敵』だよ。何しろ亜人検察庁ってぇ所は、亜人側からは『人間に利して亜人を迫害している連中』と敵視されてるし、人間側からは『亜人に与して亜人の権利を不当に保護している』と敵視されているんでな。どっちにしても『嫌われて』ンのさ」 「そんな‥‥双方から嫌われるなんて」 ハヤトから一歩遅れてユリナが後を着いてくる。 「そういう仕事だからな、仕方ねーよ。オレらは『自分の意志』で采配しているワケじゃねぇ。ただ、人間と亜人の双方にとって公平フェアであるように法律に従って執行しているだけなんでな。 だから『それが不満』と言うんなら、オレらじゃなくって選挙で政治を動かして法律を変えるしかねぇんだが‥‥『それ』を分かってくれねぇアホ共が『噛みついて来る』んだよ」 吐き捨てるように言うハヤトのやや後ろを、ユリナは何も返すことなく着いて行った。
/16

最初のコメントを投稿しよう!