亜人

1/2
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/16

亜人

「‥‥よぉっ!さっきから随分と静かじゃねぇか。大鷲部長わっしーから虐められたか?」 亜人検察庁からの帰り道、ハヤトが助手席で塞ぎ込むユリナにジョークを飛ばす。 「虐められてなんか、いません!」 ユリナがむくれる。 「言葉遣いなんか、桐生様よりずっと丁寧でしたし!」 「‥‥そりゃ、悪かったな」 この様子では、ガチで不機嫌だな‥‥ ハヤトは冗談を言った事を少し後悔していた。 「‥‥何でなんでしょうね」 ポツリ、とユリナが切り出す。 「え?何の話だ?」 「ですから!『亜人』がこの世に生まれた理由ですよ!」 多分、ユリナの頭の中では会話が成立しているのであろう。だが、ユリナの脳内会話に着いていけない以上、ハヤトにはお手上げ状態である。 「あ、ああ‥‥亜人の存在する理由ね。‥‥そうだなぁ。というか人類自体、ホモ=サピエンスしか居なかったワケじゃないしよ。 現代に至る過程ではネアンデルタールとか、クロマニヨン人とか‥‥何やかんやで20種類以上の『人類』が居たみてーだしさ。だから、その途中で『亜人』が枝分かれしていたとしても別段、不思議じゃないのかもな」 「‥‥それくらいは私だって知ってます。一応、医学生ですし」 ‥‥だったら聞くなよ、と言いたくなるのをハヤトは喉元で飲み込んだ。 「さっき、大鷲部長に言われたんです。『亜久里財閥を継ぎなさい』って。何でそんな話を亜人検察庁の方がしたんでしょうか?」 また話が変わった‥‥とハヤトは内心溜息をつく。 さきほどユリナと大鷲部長が話をしている際に、ハヤトは特捜部のメンバーと雑談をしていた。 その時に『亜久里お嬢様はどうなんだ?』と聞かれて『頭は良いし、カンも悪くないが、何しろイキナリ話が飛ぶから大変だ。別の意味でチャンキーよりも手が掛かる』と評していたのだが、まさに今『それ』を味わう気分だった。 「大鷲部長わっしーが、か? まぁなぁ‥‥大鷲部長あいつにも『立場』ってモンがあるからな」 ハヤトの愛車は街中を目指して走っていた。 「立場?」 「ああ。ただし『亜人検察庁』としての立場じゃなくって『亜人』としての立場だな。それも『大多数を占める善良な亜人』としての立場だよ」 「『善良な亜人』ですか‥‥」 ユリナは窓の外を眺めている。 「そうだ。元々、人口あたりの犯罪率そのものは人間よりも亜人の方が低いくらいだからよ。だが、亜人が『犯罪やらかす』と目立つからな。これで、亜久里財閥が事件の余波を受けて傾くような事になれば世間の『亜人に対する眼』は更に厳しくなるし、争いのネタにもなりかねん。 だから、どうにかして影響を小さくしたいっつぅ‥‥思惑があるんじゃぁねーかな?‥‥さて、着いたぞ」 ハヤトが車を止める。 「‥‥? 何処ですか、此処は?」 「ほら、アレだ。今朝言ってたパン屋だよ。『コーヒー豆を探しに行く』って言ってたろーが」 「え? あっ‥‥そうでしたね」 今回はユリナも今朝の記憶を取り戻してくれたようで、話が噛み合った。 「あ‥‥何か、いい匂いがしますね。パンを焼く香ばしい香りが‥‥」 何かを言い掛けてユリナが喋るのを止める。 「‥‥あの人、お知り合いですか?」 ユリナの視線の10mほど先に、ボロボロの背広を来た男がヒョコヒョコと歩いていた。 男はこちらに『気付かない振り』をしているようだが、ユリナには明らかに意識しているように映ったのであろう。 確かに、その男はハヤトにとって古くからの『知り合い』だった。 ふぅ、とハヤトはひとつ息を吐いた。
/16

最初のコメントを投稿しよう!