案内

1/2
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/16

案内

亜人の権兵衛は、ハヤト達の数m先を歩きながら時折、チラチラと後ろを振り返って『着いてきているか』確認をしている。 「‥‥あの方、『権兵衛』さんと言うんでしたっけ?『ヘンな名前』と言ったら失礼でしょうけど‥‥」 ヒソヒソ声でユリナがハヤトに尋ねる。 「アイツはな、ホントかどうか定かじゃぁないが『江戸時代から生きている』って話だからな‥‥当時としたら『普通』なんだろうさ」 ハヤトの眼は、じっと権兵衛の背中を見つめている。 「えっ! 江戸時代からなんですかっ!」 ユリナが眼を丸くした。 「凄いじゃないですか! だったら明治維新とかの『生き証人』が出来ますよね?! 『西郷隆盛の真の顔』とか、『徳川埋蔵金』とか‥‥」 「あのなぁ‥‥お前、自分が『危ない』っつーのに、何を能天気な事を言ってんだよ‥‥。 それに権兵衛(アイツ)は、一族で山中深くに隠れて暮らしてたらしくてさ。『ある日、山を降りたら髷を結ってる人間が誰も居なくてビックリした』とか、そんな感じで何も知らねぇって言ってたよ」 呆れた様子でハヤトが答える。 「ええ‥‥そうなんですかぁ‥‥」 ユリナは不服そうだ。 「仕方ねぇよ。アイツらは『獣化』とかするから、麓の人間達からは『妖怪』扱いされてたみたいだしよ‥‥ヘタに騒ぐと人間から鉛玉で追われるんで、つい最近までヒッソリと隠れたってさ」 「何だ‥‥つまらないこと!」 ぷうっと、ユリナがふくれて見せる。 「そんな事より、だ。事態は思ってたよりも急展開なようだな‥‥権兵衛がオレたちを連れて行く先ってのは、どうやら亜人組織(ファミリー)の溜まり場みたいだぜ?」 ハヤトは周囲を警戒しながら、権兵衛の後を着いていく。 「どうしてそんな事が分かるんですの?」 「さっき、ビルの屋上からオレらを狙ってるヤツらが数人居たからな。なら『個人』って事ぁない。『組織』だ。亜人たちの組織(ファミリー)ってのは、有名どころが幾つかあってよ‥‥オレもそうした連中とは、大抵顔見知りなんだ」 「まぁ‥‥じゃぁ、今回も『その中のひとつ』でしょうか?」 ユリナが眉を潜める。 「いや‥‥多分、メジャーな処は『1/32(フェアリーブラッド)』の為に一致団結してるみてーだな。でないと、こんなでゆっくりと『徒歩』で移動なんか出来ないからな。抜け駆けを企んでるンなら、他の組織に見つからないように、てっとり早く車か何かに押し込んで移動だろうぜ」 「そう言えばそうですね‥‥でも何で『徒歩』なんでしょうか?車を使えば早いでしょうに」 怪訝な顔で、ユリナがハヤトの顔を伺う。 「車はな、意外と『足がつくのが早い』んだよ。交差点とかに付いてる監視カメラは全て警察のAIに連動しているって知ってたか? ナンバーを指定して検索されたらアッという間に行き先を特定されちまうんだ」 「なるほど‥‥警察って意外に凄いんですね‥‥。でも、どうして権兵衛さんは『1/32(フェアリーブラッド)』の私だけでなくって桐生様まで同行させてるんでしょうか?」 「そりゃ、オレを置き去りにしたら直ぐに警察へ通報が入って厳戒態勢を敷かれるからじゃねーか。当たり前だろーが!」 ‥‥ホントにこの娘は事態を理解しているんだろうか?と、ハヤトは心配になってきた。
/16

最初のコメントを投稿しよう!