結束

1/2
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/16

結束

「此処‥‥何なんですの?」 案内された場所は、だだっ広い廃墟の1階だった。 「‥‥此処かい?お嬢さん。此処は昔、ボーリング場だったんだよ。まぁ‥‥アンタが生まれるよりも遥か前に潰れたがね‥‥」 闇の中から声が聞こえて来る。 「‥‥ふん。やっぱし、テメーらかよ」 ユリナを庇うように、ハヤトが前に出る。 暗さに眼が慣れるにつれ、闇の中に多くの人影があることが分かってきた。 「よぉ‥‥桐生の旦那‥‥久しぶりだねぇ‥‥」 凄みのある声が響く。 「‥‥その声は血竜会の若井だな?何時、出所したんだ?何だったら、ずっと『向こう側』に居た方が行き来する面倒がなくって便利なんじゃねぇのかよ?」 「はっ‥‥! 相変わらず威勢の良いこったぜ‥‥。だが、今回ばかりは如何にアンタでも勝ち目ぁ無いぜ‥‥よっく見てみな?」 若井が周りを指差す。 「おやおや‥‥血竜会の鉄砲玉連中だけかと思ったら、老舗の亜人連合から新興勢力のブラッディ・ファイヤーズまで居るじゃねーか。‥‥他にも知らねぇ顔が居るな‥‥よくもまぁ、これだけ顔を揃えたもんだぜ。お前ら、何時からそんなに仲良しになったんだ?」 広い空間には照明が何も点いていないから、正確な人数は把握しづらい。だがそれでも20~30人は居るような気配がする。 「『仲良し』?‥‥今回ばかりは、な。何しろ『伝説の1/32フェアリー・ブラッド』だからよ。ソイツが手に入ったとなりゃぁ、その組織は絶対の力と巨万の富を手に入れることになる‥‥ すると、勢力バランスが崩れて大多数の組織ファミリーが窮地に追い込まれるんでな‥‥亜人裏社会全体の繁栄を考えれば『何処かひとつの組織』が『1/32』を独占することは望ましくないという結論に達したのだよ」 話は若井だけがしている。他の亜人は何も言わないところを見ると、血竜会が『幹事』の役割を果たしているのだろう。 「勝手なことを‥‥人間様ユリナはモノじゃねぇ。『所有』とか決めてんじゃねぇよ!」 ユリナはハヤトの左腕をギュッと握っている。 「旦那の都合は知らんよ。だが『その娘』は純粋では無いとしても『亜人の仲間』なんだろ? だったらソイツぁ旦那よりも『オレらの仲間』じゃねぇか。‥‥分かったら、とっとと『その娘』をこっちに寄越しな。要求はそれだけだ」 各組織とも幹部クラスが顔を出して居ないとは言え、この『場』に面々が顔を揃えている理由はひとつだろう。すなわち『抜け駆けの防止』だ。 『一緒にやろう』と声を掛けておいて、ユリナの独占を図られるのを警戒しているのだ。逆に言えばそれだけ『脆い』結束であり、全員が全員を監視しているとも言える。 「都合?都合の良い事を言ってるのは『そっち』だろうが。お前ら普段は法で定める『1/4クォーター』どころか『1/2ハーフ』ですら『亜人間』とか言って差別して仲間外れにしてるクセに、こんな時だけ『仲間扱い』か?勝手を言いやがって‥‥ お前ら‥‥こんな真似をして、唯で済むと思ってねぇよな? 知ってるだろ『誘拐』はその場で射殺されても不思議のねぇ『重罪』だってな。亜人特別措置法では‥‥」 「黙れッッ!」 若井が大声でハヤトを遮る。 「何が‥‥何が『亜人特別措置法』だよ‥‥このクソ野郎が‥‥。何で亜人だけが人間よりも簡単に『殺されていい』んだよっ!」
/16

最初のコメントを投稿しよう!