海軍豪プールと北港と。

1/6
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/11

海軍豪プールと北港と。

 まっしぐらに伸びてゆく舗装道路を、俺と夏生は、駆けてゆく。道路の両側にはサトウキビ畑。 島ではサトウキビ栽培が盛んで、島の半分近くがサトウキビの耕地だ。夏の真っ盛り、サトウキビは雨を呑み、日光を食らい、ぐんぐん、ずんずんと伸びてゆく。  道の先から、自転車が近づいてくる。駐在所の真栄田巡査だ。手を振りながら、すぐ傍で止まった。俺と夏生を微笑みながら眺める。 「朝早くから、揃ってお散歩かい?」  笑うと高校生みたいだ。一昨年から南大東島にやってきた真栄田さんは、人懐こくて、みんなから慕われている。 「うん。夏生と遊びに行くの」  真栄田さんはチラと夏生を見て、小さく頷いた。 「翔はいつも、夏生と一緒だね。学校の子とは遊ばないの」  俺と夏生は同時に頷く。真栄田さんは少しだけ、困った顔をした。 「真栄田さんはサトウキビ畑に何か用事?」  問いかけると、「ああ、それがね」と、たちまち顔を引き締め、警察っぽい顔つきになった。 「内地から来た、中学生の男の子を探してるんだ。少し前から、荷物を持って、一人で歩いているのを見たって情報が寄せられてさ。でも、どこかに泊まってる様子もないし」  夏生が目配せしてくる。鉄平のことだ。 「……警察に捕まるの?」 「保護するのさ。さすがに中学生が野宿じゃ心配だからね。家出かもしれないし」  俺も夏生も、「知らない」と答えるだけだ。「じゃあ、見かけたら教えてくれよ」と、真栄田さんは帽子の庇をちょっと持ち上げてみせた。  自転車がじゅうぶん遠ざかってから、夏生は「面倒くさいことになってきた」と嘯いた。
/11

最初のコメントを投稿しよう!