act.06

1/1
1817人が本棚に入れています
本棚に追加
/35

act.06

第三章 史上最強の『空気読めない男』 <side-SHINO>  澤君・・・いや成澤君には、人類総ホモ化現象のことについては、話さなかった。  だって、初っ端からバカなヤツと思われても困るし。  でも俺の中で生まれた仮説『人類総ホモ化現象』は、それ相当の破壊力を持って俺を翻弄していた。  だって、人類が全て等しくホモなんだぜ?  ヤバイだろ、どう考えても。  そうなりゃどうやっても、恋愛の勝者はホモの恋愛に詳しいゲイの方々に相違ない。  考えれば考えるほどその理論に行き着いて、身が凍る思いだった。  昨日、休憩時間の合間に成澤君の載った雑誌と睨めっこしてたら、川島に「心配しなくてもお前、どう転んでもそんなオットコマエにはなれねぇから」と背後から突っ込まれた。  ── 分かってらい・・・そんなこと。  お前が悠長に笑ってられるのも今の内だぞ。なにせ現代の女性は皆、頭の中が男なんだぞ。  お前の愛しい美樹ちゃんも、外見はあんなに可愛いのに中身は男なんだぞ。  そんなことを思いながら恨めしく川島を見ていたら、「お前、根を詰めて仕事しすぎなんじゃねぇの。目が怖い」と怯えられた。  うるさい。  俺は、人類存亡の危機的状況を憂慮しているんだ。  何だか俺は大きな使命感を感じて、前進あるのみ!!と思い込んでしまった。  だからこそ、成澤君にあんなアクロバティックなお願いをしてみようという勇気が湧いてきたわけで。  元々、差し入れのお礼はきちんとするつもりでいたから、朝の内に総務の方で余っているビール券を安く譲ってもらったんだが、いいチャンスとなってくれた、と思った。  だって雑誌に載ってる人生の師匠にすべき人物が、あろうことかお隣に住んでた、なんてそんな小説みたいな出来事・・・ってか、俺、小説のモデルになってって言われちまった。  本当にいいのかなぁ、成澤君。  俺なんかホント、つまんない人間だよ。  そうでなかったら、彼女いない歴32年なんてなんないし。  せいぜいタイトルを付けるとしたら、『負けオオカミ・篠田の遠吠え』って感じだろうな。  女の場合は、三十路過ぎで独身の場合『負け犬』っていうらしいけど、俺は男だから『負けオオカミ』ってとこか。  そして今更ながらにあがいているその様は、まさしく遠吠えって感じで・・・・。  でも実際小説を書き出そうとしたら、あまりにつまらない人生なもんで、『特筆すべきことなし』だけで話が終わっちゃうと思うよ。マジで。  そしたら前代未聞の1ページのみの小説になっちまうよ。── って、そもそも1ページだけの小説って出版できんの?  うわ~、成澤君の小説家人生に汚点を作っちゃうよ、俺。確実に。  でも、恋愛教室を開いてもらうためにはそれが成澤君の出した条件だから、俺は頷くしかできなかった。  ま、それに成澤君だってプロの物書きなんだから、ものにならないと思ったらきっとあきらめるだろう。  俺は上着とカバンを持って席から立つと、部長に「外回り行ってきます」と声をかけた。 <side-CHIHARU>  「どうしたの? 今日、いやに機嫌がよかったじゃない」  例の如く取材先から帰る道中、車の後部座席で岡崎さんはそう声をかけてきた。 「え? そう見えますか?」  僕は特に意識してなかったから、そう指摘されるのは意外だった。 「そうよ。インタビュアーの女性記者、完全に目がハートマークだったわよ。澤くんが滅多に見せない無邪気な笑顔を連発するから。それに、スタイリストやカメラマン助手も、およそ『女の子』と呼ばれる生物はみんな一様に『かわい~』って黄色い声あげてた。昨日は取材をセーブしろだなんて言ってたから心配してたけど、考え方を変えてくれてよかったわ」  ── 僕は別に考え方を変えた訳ではなかったが。  ただ岡崎さんは嬉しそうにしているし、僕の中で決定した新たな『事業』を詮索してもらいたくなかったので、これはこれでそのまま放置することにした。  これでまた取材拒否するとかって言うと、「一体どうしたんだ」と私生活を根掘り葉掘り荒らされそうな気がするから。  車が信号で止まる。  僕は窓の外に目をやった。小売店が並ぶ界隈だ。  ふとそこに『加寿宮』の文字が入った小型トラックが目に止まった。  確か篠田さんの勤める会社だ。  夕べ篠田さんが出してきた名刺にそう印刷されていた。  トラックの運転手とおぼしき若い男が、酒屋の店先から出てくる。彼は、『KAJIMIYA』と印刷されたウィンドブレーカーを羽織り、下は紺色のコットンパンツだった。どうやら彼は配送係の子らしい。彼は、荷台の中の酒のケースを見つめて、「シノさん! これも運びますか?!」と叫んだ。  ── シノさん・・・篠田さん?!  まさかと思って僕が目をこらすと、店の中から「おー!」と聞き覚えのある声が聞こえてきた。  その時、信号が変わる。また車が動き始めた。 「ちょっ、ちょっとここで降ろしてもらえますか」  思わず僕は、声を荒げてそう叫んだ。  流石に岡崎さんも驚いた顔をして僕を見た。 「突然どうしたの?」 「いいから。ちょっと寄りたいところを思い出したんです。今日すべきことは、もう終わりでしょ?」 「そうだけど・・・。でも、こんなところで? どこに寄っていくの?」  ── ええい、面倒だ。  僕は岡崎さんを仇っぽく見つめると、「男のところですよ。決まってるでしょう?」と言った。  岡崎さんは降参したように両手を挙げると、「ほどほどにしなさいよ」と言って車を停めた。  僕は車を降りて、先ほどのトラックが見えるところまで戻った。  よかった。トラックは、まだ道路の向かいに停まっている。  丁度篠田さんが、店から出てきたところだった。  そろそろ肌寒くなってくる時期だったが上着は着ていなくて、腕まくりをしていた。  篠田さんは配送係の子と笑顔で話しながら、瓶ビールのケースを2つ重ねて一気に持ち上げた。  腕に男らしい筋肉の筋が浮かび上がる。如何にも実益でついたきれいな筋肉だ。きっと、こういうことをよくしているのだろう。  暫くすると、年配のオジサンと三人で店先に出てきた。年配の人は、どうやら店の人らしい。  配送係の子は軽く頭を下げて運転席に乗り込んだが、篠田さんは店の人と何やら笑顔で話し込んでいる。  何度もペコペコと頭を下げていたが、それが決して嫌みではなく、彼の人の良さが滲み出ていた。自然に出てくる笑顔も実に誠実そうで、店の人も篠田さんの肩を叩いた後、孫にするように腕を数回撫でた。  きっと篠田さんは、顧客から信頼を得ているという点では、いい営業マンなんだろう。  ── やっぱり可愛いな、篠田さん。一生懸命な感じが、可愛い。僕や僕を取り巻く人間共には決してない魅力。  しかしどうしてそんな彼が、『モテない』んだろう。  こんな彼を野放しにしている女共の方が、頭がおかしいんじゃないだろうか。  もし篠田さんが僕と同じ性的指向なら、僕は迷わず彼をベッドに引きずり込んでる。  ── う~ん、これは現状分析しなくては、どう改善していいかも分からないな。  僕は少し考えると、i-phoneで篠田さん宛にメールを打った。  どうも篠田さんは腰のポケットに携帯を入れているらしい。  店の人と話ながら、一瞬気にするように手を腰に当てた。  仕事中はバイブにしてるのかな。  何だか、このシチュエーションが艶っぽく感じて、僕は人知れずゴホンと咳払いする。その時すれ違った老婦人が、怪訝そうな目つきで僕を舐め回すように見た。  きっと、この古びた商店街に僕のような人間が不釣り合いに見えたからだろう。  僕は気を取り直して篠田さんに視線を戻すと、店の人と別れた篠田さんが、携帯を眺めていた。  文面はこう送ってある。 『今日の恋愛講座は中止しましょう』  思った通り、篠田さんが残念そうな・・・というより少し不安そうな表情を浮かべた。まるで飼い主に置いてけぼりにされた柴犬みたいだ。  きっと、恋愛講座自体断られたんじゃないかって、思ったんじゃないかな。  何だか、そんな表情をこうして盗み見るのもゾクゾクする。つくづく僕って、性格悪いよね。  僕は、見計らったように、二通目のメールを送った。 『有益な講義のために、用意をしたいと思います。今日一日、準備のための時間をください』  篠田さんの表情が、パァッと明るくなった。  口角がクイッと上がる。  差し詰め、飼い主が迎えにきた瞬間の柴犬。  ── フフフ、可愛い。ああ、和むなぁ。僕、生まれてきて今初めて、『和む』なんて単語使ったよ。 「シノさん! まだですかぁ!」 「おう! 今行く!!」  篠田さんは、運転席の同僚に声を掛けられ、助手席へと消えた。  僕は、人知れず篠田さんの乗ったトラックを見送った。  翌日は丁度金曜だった。  篠田さんの恋愛力を査定しようと僕が考えたのは、合コンだった。  篠田さんに僕が準備した合コンに参加してもらって、僕がそれを少し離れた席で観察する。  これなら、恋愛対象を前にしてどういう態度や行動を取るか一目瞭然だし、問題点も浮き彫りになる。  幸い僕は、男女限らず飲み友達なら事欠かなかったし、僕のリクエストに喜んで応えてくれるレストランもたくさんあった。  メンバーは3人対3人することに決めて、合コンを仕切るのを渡海さんに任せることにした。  彼はダーツバーのオーナーで、バイセクシャルだ。話術がうまく、その場の状況を把握するのもうまい。僕が作家デビューする前からの知り合いで、口も堅いから、彼だけには事情を話して不測の事態に備えることにする。  もう一人は、合コンバカの鈴木昌彦がいい。渡海さんとも顔見知りだし、場慣れしていて人見知りを一切しない。ヤツは生粋の女好きだし、ルックスは今ひとつだが自分の見せ方を熟知しているから、女の子のウケもよかった。おそらく、篠田さんの対局にいる男。  女の子は、僕が行く美容室の店員3人がいいだろう。  それなりに皆可愛いし、そのうちの一人は僕が見ても美しいと思えるほどの美女がいる。女は群れを好むから、3人が同じ職場の同僚というのは、彼女達もリラックスして合コンに臨めるはずだ。それに美容師という仕事柄、彼女達は日頃様々なタイプの男と話をしている。水商売関係の女の子もそうなんだけど、それだと篠田さんに危険が及ぶ可能性があるから美容師ぐらいが丁度いい。  店は気軽に食事が楽しめる方がいいので、老舗のイタリア料理の店にした。  店内はホール形式になっていて適度に騒がしいし、料理も大皿料理が多く見栄えがして、かなり美味い。合コンでもよく使われているようだから、店員も慣れている。それに何より、あの店にはロフト席があった。僕が上から合コンの様子を観察するには最適の造りになっている。  僕が彼らにメールを送ると、すぐに二つ返事が返ってきた。僕から誘うことはほとんどないから、皆驚いている様子だったが、僕自身が合コンに参加するわけでないことを説明すると、彼らは一様に納得した様子で、話はすぐにまとまった。  いよいよ僕は、篠田さんに電話をした。今は昼休みの時間。電話してもおそらく大丈夫だろう。 「篠田さん? 僕です。成澤です」 『ああ、成澤君』  篠田さんの明るい声が返ってくる。 「今、電話、大丈夫ですか?」 『ああ。昼休みだから大丈夫』 「実は、今日の講座の件ですが」 『うん』 「今夜、合コンに参加してもらいたいんです」 『え? 合コン?』  途端に篠田さんの声が不安そうな声に変わった。だが、容赦するわけにはいかない。 「ええ。篠田さんの今のスペックを知っておきたいんです。それを分析しないと、傾向と対策が組めませんから」  ハハハと篠田さんが笑う。 『何だか予備校みたいだな』 「僕も請け負ったからには、しっかりやりたいので。参加者は皆、僕の知り合いですから安心して。店も手配していますから、篠田さんは身一つで来てください」  分かった・・・といまだ不安そうな声の篠田さんに畳みかけるようにして「店の名前と場所を後でメールする」と伝えると、僕は電話を切った。    午後7時。  僕は、店の前で参加メンバーを出迎えた。  一番最初には、予想通り渡海さんが現れる。 「久しぶり。今日はよろしく頼みます」  僕がそう言うと、渡海さんはニヤニヤと笑みを浮かべた。 「まさかあの澤くんからお願いされるとはね」  僕が肩を竦めると、彼は僕の耳元まで顔を寄せ、「この埋め合わせは、ペニンシュラ一泊ってところでどうだい?」と言ってくる。  僕は片眉をクイッと引き上げ、「しょうがありませんね。その条件、呑みましょう」と答えた。  その後も、ゾクゾクと集まってくる。  真美・由紀・聡子の女の子組は、3人揃って現れた。 「キャー、澤くん来てたの?!」 「参加しないって言ってたから、今日は来てないのかと思ってた」  元気のいい真美・由紀のコンビがテンション高い声を上げる。僕は苦笑いした。 「ちょっと事情があって。今日はどうもありがとうございます。時間調整、大変だったんじゃないですか? 美容師はこの時間も大抵仕事が終わっていないから、正直心配だったんだけど」 「澤くんからお願いされたってオーナーに言ったら、オーナーが凄く驚いて『そりゃよっぽどのことだから、あんた達、しっかりお役目果たしてきなさいよ!』って言わました。いつも隠してるオネェ言葉が出てたから、よほど驚いたんだと思います」  一番おとなしい聡子ちゃんが、クスクスと笑いながらそう言った。彼女が、今日一番の美女だ。  渡海さんと女の子達が店の中に入った後、騒々しく鈴木が来た。  鈴木が僕に恩着せがましいことを散々言っていた最中、篠田さんが現れた。  遅れそうだと思ったのか駅から走ってきたらしく、額には汗が浮かんでいた。 「すみません! 遅くなって・・・」  ハァハァと俯いて息を吐く篠田さんを、鈴木が一瞬顔を顰めて見た。そして、鈴木は「なんでこんなヤツが?」といった視線を僕に向ける。  僕は内心鈴木を呼んだのは失敗だったかな、と思いつつ篠田さんの肩に手を置いた。 「大丈夫ですか?」 「あ、ああ・・・」  篠田さんが身体を起こす。汗で額に前髪が張り付いている。それを見て、鈴木がウワ~という表情を浮かべた。 「篠田さん、何も走ってくることはなかったのに」  僕がそう言うと、「でも遅れると悪いから・・・」と答えた。  確かに遅れてくるのは合コン参加者として御法度だが、初対面の女の子と会う合コンにおいて、清潔感はかなり大切なポイントだ。その点で言うと、汗だくで「初めまして」はかなり分が悪い。 「篠田さん、ハンカチは?」 「うん、持ってる」  篠田さんは黒のスーツの懐からハンカチを取り出すと、豪快に顔中の汗を拭った。 「もう始まってるの?」 「いや、まだですよ」 「よかった・・・。間に合った。出際に課長から声を掛けられたものだから」  肩で息をつく篠田さんの背中に手を添え、僕は彼を店内に誘った。  ── 鈴木、お前は勝手に入ってくればいいさ。  鈴木の篠田さんを見る顔つきに少々ムカついたんで、鈴木は以後放置プレイとすることにした。  僕は店が構えてくれた席に篠田さんを連れて行った。 「篠田さんです。皆、よろしくお願いしますね」 「しっ、篠田です。よろしくお願いします」  篠田さんがガバッと頭を下げ、如何にも体育会系のノリで挨拶をする。  女の子達は汗だくの篠田さんに面食らい、渡海さんは面白いものでも見るかのように、僕と篠田さんを見比べていた。 「篠田さんは、どこに座りますか?」  渡海さんが篠田さんに優しく声をかけてくれる。渡海さんは既に、篠田さんが緊張でガチガチなのが分かっている。 「ええと・・・どこでもいいです。皆さんの邪魔にならないところで」  なんと消極的な発言(汗)。  僕は思わず横からメラメラとレーザービームのような視線を篠田さんに送ったが、緊張してるからか篠田さんはまったくそれに気づかない。  その様子を見ていた渡海さんが気を利かせてくれた。  左端の席に座っていた渡海さんが席を立ち、篠田さんの隣まで来てくれる。小さな声で「どの娘が好みですか?」と訊いてくる。  篠田さんは「えっ」と一瞬目を見開いたが、やがて小さな声で「向かって右端のコ・・・」と答えた。  聡子ちゃんか。  ── ふうん。篠田さん、意外と面食いなんだ。  丁度その時、置いてけぼりを食らっていた鈴木が騒々しくやってきた。 「どうも~、鈴木で~す! 今日はヘアアーティストさん達が来るって言ってたけど、さっすが皆さんオシャレだな~」  ── 予想通り、チャラい。かなり。  それでも急に砕けた雰囲気になったので女の子達もほっとしたのか、「やだ、アーティストだなんて大げさですよ。私達、ただのサロン勤めですから」と機嫌良く答える。 「ええ? そうなの? でもお客さんの髪をこう・・・ディレクションしてあげてる訳でしょ。やっぱり凄いよね。そういうの」  ── コイツ、絶対本心からそう思って言ってないな。  僕が横目で鈴木を見ると、鈴木はちょっと僕の目線にビビる素振りを見せながらも、断りもなく真ん中の席に座った。その席なら、向かいの3人全てを射程距離に収めることができるからだ。  僕が眉間にシワを寄せると、渡海さんが早速それに気がついた。 「あ、鈴木くんは左端に座って。篠田さんは右に。僕が真ん中に座るから」  ── ナイスだ、渡海さん。  鈴木と篠田さんの間に防波堤が絶対いると思ったんだ。  約束のホテル代、僕が持とう。 「え~、渡海さん、そんなやる気なのぉ、今夜ぁ。君達、気をつけなよ、この人優しそうな顔してオオカミだから」  鈴木が軽口を叩きながら席を譲る。「酷いなぁ」と渡海さんがコミカルな表情を浮かべると、女の子達がどっと笑った。その場の空気が和らぐ。  僕は渡海さんに「しばらくは篠田さんに助け船を出さないで、様子を見ていて」と耳打ちした。渡海さんも頷いてくれる。 「じゃ、僕は上で仕事してますから。店には大体2時間って言っていますが、気にしないで。終わったら、僕に声を掛けてください」 「え? 澤くん、仕事なの?」  女の子3人が同時に声をあげる。 「ええ。どうしても今夜中にコラムを1本仕上げなくてはならなくて。それがなければ参加してたんですけどね」 「そうなんだぁ・・・」  真美ちゃんがそう言うのと同じ表情を浮かべて、篠田さんも僕を見て「へぇ~」という風に感心してる。  ── バカだな、篠田さん。仕事なんて嘘ですよ。僕の本当の仕事は、あなたを観察して分析することなんだ。そのことを忘れてもらっちゃ困るんだけど。あぁでも、素直に感心しているとぼけた表情も可愛過ぎるなんて、この人僕をどこまで翻弄すれば気が済むんだ。  篠田さんの天然ぶりにやられつつ、僕はロフトに上がった。  ロフトに上がり際、店の隅にいたホール担当のスタッフに目配せをしたので、店員が注文を取りに6人のテーブルにやってくる。  さぁ、恋愛講座模擬テストの始まりだ。  篠田さんは、どこまで健闘してくれるのだろう。
/35

最初のコメントを投稿しよう!