マ、マジかよ

1/1
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ

マ、マジかよ

「だ、誰もいねーじゃねーか。たく、オレって疲れてんだな」  ガンガン、ガンガン、た、助けて! 「るせーな、響くじゃねえかって、人の声聞こえなかったか?」  助けて、助けて! 「確かに、聞こえるわ。誰だ、線路にでも落ちたか?」  パッと振り返るった時、オレは全身の血が凍った。 「う、ウソだろ」 頭から血を流した若い女が、電車の窓ガラスを必死に叩いて、助けを求めている。  オレはその車両に駆け寄り、女の顔を見た。 「お、お前はっ!」 女は、オレの別れた彼女だった。 「ど、どういうことだ!?」
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!