ああ、これは地獄へ逝く最終列車

1/1
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ

ああ、これは地獄へ逝く最終列車

 薄れゆく意識の中で、オレは彼女の目を見た。  真っ赤だった。  それは、人間の目ではなかった。  明らかに化け物、血に飢えたそれは、まるで吸血鬼か、ゾンビのようだった。  鼻孔を、吐き気を催すほどの悪臭が通り抜けた。  だが、それを突き放そうと力を入れようと思った。  だが。 (オ、オレの手足が、ないっ!)  彼女だけではなかった。無数のゾンビのような、吸血鬼のような不気味な人型の化け物が、オレの体に無数に群がっていた。  そして間もなく、オレは元彼女に首根っこを噛み付かれたまま、あるはずのない終電後の電車に乗せられた。  プシュー  ガタンゴトン  次第に薄れゆく意識の中で、オレは「地獄」という光景が、今自分の体の中に広がっていることを、感じた。
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!