第2話 着いたはずの駅で、開かないドア

1/1
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ

第2話 着いたはずの駅で、開かないドア

 今日も終電を逃した。  はずだった。  ぷわーん 「ん?」  なぜか、見慣れたシルバーの電車が入って来た。 「ああ、よかった。理由はよく分からんけど、終電も遅延したんだな」  プシュー  その時、オレは普段あるはずのアナウンスがないことに、全く気付かなかった。  そして迷わず、何の疑いもなく、あるはずもない終電後の電車に乗り込んだ。
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!