涙の雫を笑顔に変えよう

1/38
2928人が本棚に入れています
本棚に追加
/160ページ

涙の雫を笑顔に変えよう

 庸介の家の前に立つと、椿は白い壁を見上げた。  車庫に車を入れる庸介の真剣な表情を見ながら、幸せな気持ちが込み上げてくる。  すっかりと暖かくなった。  庭のライラックが薄紫色の小さな花を咲かせ、その香りが鼻をくすぐった。よく見ると紫陽花の木も花芽がついている。   「椿? どうした? 車に乗ってる時間長かったから疲れた?」    車を降りて庸介が横に来た。すっかりパーマがとれた真っ直ぐな黒髪は、サイドは耳が隠れるほどに伸びている。  椿は指を伸ばしその毛先に触れると、自分の髪に触れた。 「……庸介さん、伸びましたね」 「ああ、伸ばしてるんだ」  庸介は椿の頭を撫でると鍵を開けた。玄関を開けて椿の荷物を家に入れると鍵を閉めた。 「ただいまっと……久しぶりの家だな」  同意を求めるように振り返ると、ドアの前で椿は立ち尽くしていた。 「どうしたの?」  もう家の中だ。人目なんて気にしなくていい。庸介は椿を抱き寄せると髪にキスをした。  痩せたけれど、それでも椿の身体は柔らかい。
/160ページ

最初のコメントを投稿しよう!