嘘の始まり

1/17
612人が本棚に入れています
本棚に追加
/140

嘘の始まり

________ 「あら、なっちゃん いらっしゃい。帰り、頂き物だけど 夏野菜あるから持って行ってー。お母さん、お料理上手だから使ってもらえたら助かるわぁ」 「おばさん、こんにちはー。うわぁ、こんなに?うちのお母さん喜ぶわ。ありがとう!」 翌週の土曜日、私は海斗の家を訪れた 小さい頃から よく遊びに来ていたので、これといって おばさんも何も考えてはいないようだ いつも通りのやり取りを 隣で海斗は嬉しそうに見ている …でしょうね。 仲良くしてくれた方が 都合良いもんね! 隣に立つ海斗を見上げると 急に海斗が私の肩を抱き寄せ 「あ、母さん。俺ら付き合う事になったから。」 え。 こ、こんな簡単に紹介するの?!! 目を見開いた私と 優しい目で私を見下ろす海斗の目が合う しかし、それ以上に驚きで固まる人物が目の前にいる事を忘れていた
/140

最初のコメントを投稿しよう!