海になりたかった雲

3/4
15人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
 いや、そんな事はないと、男はふとよぎった考えを否定した。どう足掻いても、1年の任期をまっとうして故郷に帰るつもりだった。大学は休学中だし、両親に恩返しもしていない。恋人は待たせたままだ。友達は──  友達もだいたい同じ時期に徴兵されている。どこの部隊にいるのかは解らない。もしかしたらあの屍の中に倒れている奴もいるかもしれない。  ああ、嫌だ。俺は故郷で、やりたい事がたくさんあるというのに。 「俺はなんで、こんなところにいるんだ……」  男の声は風に乗り、後方へと流れていった。 「国が戦争を始めたからさ」 「俺は、戦争なんかに首を突っ込みたくなかった」 「ここにいる全員が、そう思ってただろうよ」  右側の男の声は、ひどく眠そうだった。地獄から、再び悪夢へと戻るつもりなのだろうか。  独りにしないでほしいと思った。顔も名前も知らない相手であるが、この地獄のような世界に置き去りにしないでほしい。 「あの、雲……」  眠そうな声に誘われ、男は視線を空へとゆっくり向けた。  幾筋もの波打つような、青い縞模様をした雲が、北の空にたなびいていた。南の空に雲はかかっていないが、あの縞模様の分厚い雲が広がったら、おそらく雨になるだろう。 「あの雲は、本当は、海になりたかったんだよ……」  なるほど、確かに逆さまの海のようだ。  右側の男がどんな表情をしているのかは解らない。どんな表情で、どんな気持ちでそんな事を言ったのか。 「あんたは、本当は何になりたかったんだ?」  眠ってほしくなくて、男はそう尋ねてみた。 「俺は……小さい頃は、消防士になりたかった……けど、なれなかった……」 「なぜ? なりたいなら、国に帰ってから頑張ってみればいいじゃないか」 「俺はもう、夢を追いかけるようなトシじゃないよ……」 「あんた、いくつだ?」 「22だ」 「俺と変わらないよ」 「あんたは?」 「え?」 「今も、夢を追いかけてんのか……?」
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!