澱と澄

1/6
61人が本棚に入れています
本棚に追加
/49ページ

澱と澄

 風に勝った負けたなんて、どうでも良い。だって、やっと彼女は振り返った。俺を見ている。長い睫毛で絡めとるようにして、冷涼な瞳に俺を映している。  その姿は、警戒心の強い黒猫だった。
/49ページ

最初のコメントを投稿しよう!