夜を越えて

1/17
3992人が本棚に入れています
本棚に追加
/206

夜を越えて

(なんでこんなに人が多いのかな…)  スーツケースを引きながら、美奈はうんざりしながらホームを目指す。とっくにラッシュのピークは過ぎた午後9時過ぎの東京駅。それでもまだ、人の流れは途絶えない。  今夜から雄大と島根に3泊3日の小旅行だ。雄大が仕事の終わりに東京駅で待ち合わせて、そのまま寝台車で明日の朝、出雲に着く計画になっている。 (ああ、もう丸の内北口って何処?)  東京駅は慣れない美奈には、雄大の指定した場所がなかなかわかりにくい。さっきからスーツケースを引きずって右往左往だ。そのとき、美奈のスマホが着信を告げた。 (雄大さん?)  美奈は救われた思いで、ポケットからスマホを取り出す。しかし、ディスプレイは別の  名前を映しだしていた。 (響…)  何の用だろう。美奈はおずおずと電話に出る。 「ミーナ? さっきからウロウロして何処行きたいの?」 「え…」  今の自分を見ているかのような、響のからかいに美奈は絶句する。え、何、どういうこと。  キョロキョロすると、スマホ越しにくすっと笑われた。 「あーまだ気づいてないのか。今、そこ行くから待ってて」  プチッと通話は一方的に切れた。美奈にはわけがわからない。ぽかんとしてると、今度は響の生の声がした。 「ミーナ、こっち」  声のする方に反射的に振り返ると、グレーのパーカーに、ブルーのジーンズ、ボストンバックを提げた響がいた。
/206

最初のコメントを投稿しよう!