金は愚者の回りもの

金は人の心を豊かにするらしい…。 だが愚かな人間たちは、金に翻弄されているようだ。 一万円札に悪戦苦闘する愚か者達の物語

8 145

コメディ 完結
12分 (6,754文字)
処女作です。続編『金は愚者の回りもの 弐』もご一緒にhttps://estar.jp/novels/25576215

あらすじ

金は人の心を豊かにするらしい…。 だが愚かな人間たちは、金に振り回され、金で痛い目を見るようだ。 一万円札に悪戦苦闘する愚か者達を描いた、コメディ小説です!

感想・レビュー 2

まさに金は天下のまわりもの

 第2回コサキサク賞に参加ありがとうございます。レビューに参りました。  一万円札がいろいろな人のところを巡る様子が書かれている作品。最終的に一万円札がどこに行き着くのか気になるので、最後まで一気に読
1件

スピード感がたまらない

 2万円の行方がスピード感もって過ぎてゆき、あっという間に読み進めました。それも徹底して世の中から排除されるべき人たちの喜劇。笑わせていただきました。その額と労力には脱帽です。一昔前の奥田英朗の『らら
1件

この作者の作品

もっと見る