13 長い夏の始まり
1/5
1/30

13 長い夏の始まり

―男子寄宿舎・新太と蓮の部屋― ミーンミンミンミーン…ミーンミンミンミーン… 臨海市の夏は早い。現在6月最終週だが、連日の気温は海に面した街にも関わらず、28~29.5℃を観測している。西区の方では食中毒警報、熱中症対策を呼び掛ける公報が流れているほどだ。 そして、新太たちが暮らしている中央区もまた、連日の平均気温は27.3℃ともはや真夏日の暑さだった。 今日から新太たちの学校は夏服および扇風機が解禁となるが、彼からしてみれば少しも嬉しくはなかった。 「なぁ蓮、今って7月?」 「いや、6月。それも最終週だけど?」 「は?…はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」 部屋どころか二年生フロア全域に新太の絶叫が響いた。 ―その後、2-E教室― 「…よ、香織。それと二菜。」 「あ、四野くん、おはよう。あれ…背中におぶってる子って…」 「あぁ………三樹ぃ、二菜ぁ、おはよぉぉ」 新太は以前も暑さで体に不調を起こしたが、今回のそれは前回とは比にならないレベルだった。 「新太って、暑いのダメな人なんだ…」 「うん…小さい頃からねぇ…」 「しゃべり方まで変わってるじゃない!」 「俺に聞くなこのバカが!俺だってコイツのことまだよく分からないとこあるんだよ!」 蓮も蓮で暑さには弱いが新太と違い、単にキレやすさが通常の倍になり、キレ具合も相当恐ろしいことになる。 「相変わらず口悪すぎよ、四野くん!そんなんじゃ社会でやっていけないわよ!」 「うっせぇわ!夏が終わりゃあちったぁましになるんだよ!それまで我慢しろ!」 「出来ないから言ってるんでしょ!」 「とにかく俺は暑いのゴメンなんだよゴラァ!」 初っぱなから全開でぶちギレた蓮の腹に二菜の猛烈ストレートキックが突き刺さった。 二菜はサウナすら冷やさんとばかりの凄まじい殺気を出していた。しかも、目が完全に殺し屋の目になっていた。 「…二菜、テメェそれはやめろって何回言えば分かるんだよ。」 「学習しない蓮が悪い…私に悪気はない。」 今の二菜の殺気で体感温度が下がったのか、新太が机に突っ伏していた顔をあげた。
1/30

最初のコメントを投稿しよう!