さよなら、スピカ。

前に進むための、さよならの記憶

24 321

青春 完結
13分 (7,785文字)
作品と合わせて聴いていただきたい曲をあらすじに追記しました♪

あらすじ

無気力な日々。退屈な生活。 友達なんて必要無くなったのは、いつからだっけ? 忘れていた記憶が、明らかにしていく先にあるのは─── これは出会いと別れと、 その先にある希望のための記憶。

感想・レビュー 1

この作者の書く星に関する物語はいつも大当たりです

聞き慣れないけれど、口に出したくなるような洒落乙なカタカナがたくさん出てくる物語でした。夜の学校の屋上。それ以上に胸が踊る場所なんて他にあるでしょうか。そんな青春の極致とも言えるような場所で、主人公は

この作者の作品

もっと見る