第一話 湖畔の雪

1/1
29人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ

第一話 湖畔の雪

 針葉樹林に国土の半分を覆われたベルモント王国の北方、ベルーカ地方。木々生い茂る丘の頂にはザインベルグ侯爵の住まうベルーカ城が聳え、領内の町や村を眼下に収めていた。辺境の地にあっては隣国との紛争は絶えず、城主は幾度も変わり、王国と隣国の統治を交互に受ける歴史を歩んできた。  一人の老人がテラスの椅子に腰を降ろし、冬枯れの森を眺めるともなく眺めていた。皺だらけの服に(ほつ)れた総髪。焦点の定まらぬ落ち窪んだ瞳は、外界への興味を失くした彼の気質を雄弁に物語っていた。  彼はそこで読書をするでも客人と語らうでもなく、時折何かを思い出しては虚空に向かって激しく(わめ)き散らし、突発的な憤怒が収まると今度は酷く落ち込んだ様子で目をぎゅっと(つぶ)り、顔を(うつぶ)せたまま身動きもせず長時間を過ごすのが常であった。  もしも彼を身近に見る者がいたならば、過去の残酷な仕打ちに独り虚しく抗うことしか彼のなすべきことは残されていないのだ、ということが明らかであったことだろう。しかし、森の中にひっそりと隠れ住む、老い先短い孤独な男の葛藤など一体誰が知るであろう?  彼のこの日課は、厳冬のさなかにおいてすら変わることがなかった。嵐や吹雪を除いては、日々の殆どを襤褸(ぼろ)の上掛けを羽織り、テラスから悲しげに森を眺めることに費やした。  そんな日々に異変が起こったのは、とある真冬の午後を半ば以上過ぎた(とき)のことである。  いつものようにテラスで物思いに(ふけ)っていた彼は、何かに気付いて慌てて立ち上がると、周囲に視線を走らせ耳を(そばだ)てた。じっと耳を澄ませていると、木々に囲まれた静かなその場所に、何処(いずこ)からか歌声が響いてくる。  女の声だった。哀切に満ちた、胸を掻き毟りたくなるような旋律。驚愕の表情を浮かべた老人が、その方角に向けて走り出す。枯れ木の隙間を吹き抜ける風の音と重なり、その声は寒気に溶け染み渡っていく。  途中何度か転びながらも辿り着いたのは、木々に囲まれた小さな湖の畔であった。震える両脚は体を支えることもできず、濡れた土に膝を突いた。 「そ、その、歌を、どこで…………!!」  息を切らしながら涸れた喉で叫んだ彼に、人影がゆらりと振り返る。  若い娘だった。細雪(ささめゆき)の白い断片が、雲間から差し込む陽光を受けてきらきらと輝いていた。その微細な光の舞い散る中に、壮麗な銀の髪がさらさらと揺れる。異国の者と思しき白い相貌に、水宝玉(アクアマリン)の如き薄い青の瞳。簡素な濃紺のドレスが、色素の薄い彼女の容姿を却って際立たせている。さながら凍れる湖畔に佇む雪の王女。    これほど非現実的な光景をかつて目にしたことのなかった彼が、娘を凝視したまま硬直してしまったのは無理からぬことであった。いかなる芸術家も、老人の(まなこ)に映るこの情景を描き切ることは不可能であろう。  人とも思えぬ美しき娘の淡紅色の唇がそっと開き、先刻耳にしたのと同じ声で囁く。 「(かく)り世の歌────」 「…………なに?」  老人はびくりと全身を強張らせる。膝に浸みる雪の冷たさも忘れて、娘の言葉に大きく心揺さぶられる。  一歩、彼女が歩み寄る。その小さな足音が死を誘う音にも思われて、老人は身を縮こませて視線を逸らせた。間近に迫った彼女から、季節にそぐわぬ甘い薔薇の香りが漂う。その静かな声が冷えた空気を震わせた。 「あなたが知らぬはずがない────あの歌が何なのか」  娘は後ろ手に上体を折って老人を見下ろし、歌うように言った。 「ヴィル・バーデン────かつて世に聞こえし宮廷作曲家────」  老人は目を見開き彼女を見上げ、無言のまま唇を噛み締める。その胸中に、様々な思いが交錯していた。  この娘はなぜ私の事を知っている? 引退して既に十年経つ。私がここに隠遁していることなど誰にも話したことはないし、肖像画など描かせた事もない。とは言え、小さな国のことだ。私の素性をどこかで聞きかじったのかも知れぬ。    私が歌の事を知っているだと? そうだ。だが、なぜこの娘がそれを? 今更こんな老いぼれを捕まえて一体何の積もりか。怒りと共に湧き上がってきたのは、言い知れぬ恐怖であった。 「き……き、君は何者だ…………?」  両拳を握りしめ震え声に問いながら、老人は腰砕けのまま退いた。服が雪の混じった泥で汚れたが、気にする余裕もなくなっていた。老い衰えた彼には、今や娘一人に力で勝つことすら覚束ないのだ。  娘は両の目を細め、唇の端を歪ませる。 「ねえ、考えたことはある? この歌が世に溢れたら────」  白い掌で舞い落ちる雪を受けた彼女は、凍れる瞳をきらきらと輝かせてその溶ける様を見つめる。 「人はきっとこの雪のように────」  その意味を悟った老人の顔が蒼白になり、絶望の叫びが発せられる。狂ったような老人の金切り声は虚しく宙に散り、霞の如く消えた娘の儚き忍び笑いが、雪に浸み込んでいった。
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!