五章

19/19
99人が本棚に入れています
本棚に追加
/118ページ
 何この、正面から水を引っ掛けられたみたいな感覚。自分が酷く見っともない、恥ずかしい存在としか思えなかった。  わかっていたのに。私の言いごとの全てが、とうに破綻していたことくらい。  美来奈が全て正しかった。  桐一は断片的なことで人を判断しない。第一印象が良くても悪くても、周りの評判がどうでも、色んなことをひっくるめて、自分で評価を決める。  水商売の女だから何だって言うんだ、って呆れ顔をする桐一の声が脳内で聞こえる。  店外の古紙回収ボックスの前で、スカートのポケットから鳴り出したスマートフォンを取り出した。  ——桐一。  性格上、世間話では掛けてこない。  出なきゃと思いながらも、親指が通話ボタンを押さないまま、とうとうスマートフォンは沈黙した。
/118ページ

最初のコメントを投稿しよう!