──を 持ってはならない

12/28
1157人が本棚に入れています
本棚に追加
/237ページ
「状況は大体、察したわ」 「……わけわかんねえよ、ほんと」 「恭介、そのスマートフォンの電話のかけ方、教えてちょうだい」 「ん? 簡単だよ。タッチパネルになってるから、数字のボタンを押して、電話のマークを押せばいい」 「なるほど、慣れないものね。警察には私から電話しておくわ。あなたは少し休んでなさい」    電話をためらっていた自分の、正美さんなりの気遣いだろう。  久しぶりに会ったのに、迷惑かけてばっかだな。 「すまねえ正美さん」 「こんなことしかしてあげられないけど」    慣れない手つきでスマホと格闘している正美さんは、なかなか新鮮だった。 「やっぱ俺が電話するよ」 「いいえ、私がするわ。イザという時に、スマホの使い方くらい、知っておきたいじゃない」    そう言って笑った顔は、どこかあどけなさ残る少女のようだった。  半ば意地になっている。昔から負けず嫌いだったからな。  普段扱ってないものだから新鮮なんだろうな。こんな時で不謹慎だが、少し和んだ。
/237ページ

最初のコメントを投稿しよう!