色と音の世界

ドは赤。レは黄色。 音色がつくる世界の、ちょっと不思議な物語。

5 15

2分 (723文字)

あらすじ

そこは歩いても歩いても緑色の世界だった。 楽しむことを忘れた少年の混濁するバイオリンの音色は、小鳥の歌声で穏やかに優しい色に変わっていく。新たな希望の色が見え始める優しい世界の物語。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る