第1章
1/1
/3

第1章

5回回転対称性のあるタイル張りの手順について解説します. 《タイル張り手順A1》 内角72度の頂点を中心にして回転するように、5個の等辺凸凹8角形を並べます. 34a4001f-bc04-466a-a347-c78a11c01537 《タイル張り手順A2》 手順A1の五つの隙間に等辺凸凹8角形の36度の頂点を差し込みます. 42e9ff72-7118-426d-b4e6-ec47130c0f55 《タイル張り手順A3》 手順A2で並べた図形の外周に、30個の等辺凸凹8角形を並べます. (等辺凸凹8角形を6個1組として72度づつ回転して5組を用意します) 4ff0dd4e-b82a-46fb-b347-24ab5f7d18ad 《タイル張り手順A4》 手順A3で並べた図形の外周に、50個の等辺凸凹8角形を並べます. (等辺凸凹8角形を10個1組として72度づつ回転して5組を用意します) 8450bf15-a311-4199-ae91-1a709e2b8039 《タイル張り手順A5》 前述の手順と同様にして同心円状に、無限にタイル張りを続けて行く事が可能であると思っております.証明は行なっていません. 84efed96-76e2-4886-8767-04a123945259
/3

最初のコメントを投稿しよう!