Sleeping Rose

(百日目の姫君 番外編)五年間家族でいても、君が魂の番かどうかわからない

81 366

BL 完結 過激表現
33分 (19,788文字)
完結しました。読んでいただき、ありがとうございます。

あらすじ

『百日目の姫君』の番外編です。 親友でアルファの清人と番になったオメガの未来は、先の妻の息子でありオメガである飛鳥と、清人とのあいだにできた娘の百合と四人で暮らしていた。 五歳になった百合は、保育園の

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る