夏樹の決心

1/3
63人が本棚に入れています
本棚に追加
/189

夏樹の決心

物音に気づいた妙は、そっと厨房を覗いてみた。 そこにはやはり、夏樹の姿。 灯りもつけず、窓から差し込む月明かりをスポットライトのように体に受けて、椅子に腰かけている。 ひっそりと佇む夏樹は、今にも月の光に溶けてしまいそうに、淡く儚いカゲロウのようで、思わずホウと息をつく。 その気配に、夏樹はふと顔をあげる。 「……やあ、妙さん」 ゆったりと体の向きを変えた。 「ごめん、起こしたんだね」 妙は首を振りながら、夏樹に向かって歩いていく。 「いいえ、おばあちゃんになると、眠りも浅いものよ」 背が高い夏樹の視線は、椅子に腰かけていて、ちょうど妙と目が合う高さだ。 背もたれに身を預けて、穏やかに見上げてくる夏樹の瞳は、つい今し方まで泣いていたかのように濡れて光っていた。 「ふふ、なっちゃん。今から月に帰ってしまう、かぐや姫みたいよ」 「俺がかぐや姫? なんだよそれ」 妙のジョークに、夏樹も軽く笑う。 だがそれは、本心から浮かべた笑みではない。 妙はそのことを知っていた。 「鈴音さん、お兄さんと籍を入れたんですってね」 「うん、やっとだよ。あの煮え切らねーふたりが、ようやく落ち着いてくれた」 「そうね」 夏樹の鈴音への気持ちを知っている妙は、 「良かったわね」 とは簡単には言えない。 ただ静かに夏樹の側に寄り添ってやる。
/189

最初のコメントを投稿しよう!