弐拾七時頃の空に。

星賀勇一郎 短編小説 第四十四弾

14分 (7,983文字)
新しい何か…始めてみませんか…
あらすじ
タグ
目次 1エピソード
感想・レビュー 2
繋がる
心地いい話でした。
その他情報

公開日:2019/5/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る