1

1/68
22人が本棚に入れています
本棚に追加
/68ページ

1

◇  俺達高校生にとって教室ってのは日常でもあり、非日常でもある。何せ今までどうやって暮らしてきたか解らないような同級生と、一日の殆どを一緒に過ごす場所だ。  授業あり、遊びあり、昼になれば食事もここですることもある。何ならここで寝泊まりだって……したら先生に怒られるだろうな。学校によってまちまちだろうけど、ここの学校はクラス持ちあがりで二年になる。三年になる時には学力で割り振られるって話を聞いたこともある。  今一つの問題を抱えている、それも深刻な状態のを。問題を抱えている、いいか大切なことだから二度言いましたよ。  俺は椅子に座って自分の机を前にしているわけだが、目の前に不機嫌そうな表情をしたクラスメイトが居ることだ。少し言い替えよう、絶対に不機嫌だって。  こちらを睨んでいる理由がまず解らない。何か悪いことを言ったかというとノーだ、話をしていないからな。じゃあ何かをやらかしたかというと、それもノーだ。関わってないからな。  黒のサラサラストレートロング、右の前髪を一つまみだけ水色のリボンで束ねている。切れ長の瞳は理知的で、時に冷たさを感じることもあるだろう。女子の中では真ん中より少し背が高いが、俺ら男子からしてみれば拳一つや二つは小さい。  腰に手を当てているがほっそりとして、出ることろはちゃんと出ている。スタイルは良いと断言できるが、口に出すときっとロクなことは起きないと確信していた。  白の半袖に灰色のベストを着て、喉元には水色のスカーフリボン。如月姫香(キサラギヒメカ)が無言でずっとこちらを見ている。圧力的な何かを感じているんだが。 788e7df9-9a96-40dc-b37a-17deeeb07d2e 「えーと、俺に用かな?」  休み時間なので教室は控えめに言ってもうるさい。あちこちで話し声が聞こえるし、スマホをいじっているやつも多い。現代っ子には必需品で、校則で授業中は使用禁止になってるけど、隠れてSNSとかやってるやつらの多いこと。  女子連中はグループ作って情報のやりとりして、ガールズネットワークを形成してる。校内で何かが起きたら次の休み時間には全部広まってるんじゃないかとすら思える程の素早さ。  一方で現実世界ではそれぞれが無関心で、こっちを気にしている奴は皆無だ。友達は画面の先にだけいるんじゃないぞ。  この如月姫香、見た目だけで行けば学校のトップクラスと言える。ただこの近づきがたい雰囲気が大きなマイナス要因で、友達は居るのかいないのか。少なくとも誰かと親し気に会話をしているのをほとんど見たことがない。
/68ページ

最初のコメントを投稿しよう!