安らぎの午前三時

蝕まれる心の在り方

2分 (808文字)
鬱の体験を記したこの短い文章の中で、私の感じた陰鬱な空気に触れてもらえたら、それはなんと幸せなことでしょう。
あらすじ
タグ
目次 1エピソード
感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品
その他情報

公開日:2019/5/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る