夢をみていたい。

あるひとりの人間の夢物語と情熱。

0 52

3分 (1,342文字)

あらすじ

夢は、作家になることだった。 今もまだ追いかけている。 彼の日記のような雑記帳のような、そんな話です。 夢を追うことをずっと考えている彼の叫びのような、話。 叫んだって届かないなら意味はない。 呟いて

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/5/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る