銀色の自由(1)

1/1
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/3

銀色の自由(1)

理科の授業内容が植物のスケッチだと聞いたとき、天崎銀太(あまさきぎんた)はひどく憂鬱だった。 「生物のスケッチは美術のそれと異なる」 赤坂ほのか教諭は、よく通る涼やかな声でそう言った。 特別棟にある第一理科実験室。 六時間目。 窓から差す九月の陽光はまだ強い。 中学三年生にもなってスケッチか、と銀太は疑問に思った。 なぜよりによって――。 「線ははっきりと書く。陰影はつけないし、二度書きしない。それに周りの余計な情報をいれない。対象物だけ書くんだ」 この口調はほのかの平常運転。 別に怒っているわけではない。 まだ二十代後半という年齢のため、生徒になめられないように工夫しているのかもしれない。 身長百六〇センチ程度のすらりとした体には、白衣とジーンズがよく似合っていた。 男子からの人気は上の中。女子からの人気は中の上、といったところ。 中学生男子なんて単純なもので、面倒見のいい女性教諭には弱い。 特に若くて綺麗ならば効果はばつぐんだ。 「では準備が終わり次第、学校内ならどこでもいい、各自スケッチを始めてくれ」 言い終えると壇上の机にトントンと小気味いい音を鳴らして、資料の角を揃える。 その白衣とは対照に、肩甲骨のちょっと先まで伸びた黒髪をなびかせ、教壇を降りた。 「ああ、それと――」 ほのかの口角が吊り上がり、白い歯が覗く。 「書き終わらなかったら居残りだからな」 銀太は余計憂鬱になった。 昇降口へ向かう。 目に入る掲示板。ポスター。 最近新設の部活がやたら増えた。 生徒の自主性を重んじるとかなんとか。 野球部の応援ポスターや美術コンクールの応募など見慣れたものもある。 銀太はそれらから目を背けるように、校庭へと向かった。 一時間後、銀太は三角座りでその太ももの部分にスケッチブックを置き――ただぼうっとしていた。 ワイシャツと制服のズボン。暑い。 銀太は苛立っていた。 ――わかっていたのだ。 居残りになることは、迷って傘を置いてきたときに必ず雨が降るように、銀太にとっては自明のことだった。 スケッチが苦手なわけでは決してないのに。 先ほど一緒に居残りを決め込んでいた戦友が、 「じゃあ先、帰るわ」 とあっさり行ってしまい、銀太は一人ぼっちになった。 男子の友情なんてこんなものである。 そもそも担任はほのかなので、提出が済んだらそのまま教室に帰り、荷物をまとめて帰宅するだけでいいのだ。 「はぁ……」 人知れずため息なんかついてみる。 指先で鉛筆をくるくると器用に回した。 もちろん、そんなことで状況は変わらない。 無意味だ。 銀太はそう思い、空を見上げた。 目の前には四メートルくらいの背丈の木。 派手な色の花を咲かせている。 全体が丸っこく剪定されていて、可愛らしく見えなくもない。 だが、銀太にはそれがとても憎らしく見えた。 「どうだい首尾は」 背後から唐突に声。 「まだ出来ていませんよ」 振り返らなくても銀太にはわかる。このいつでも凛としている声はほのかだ。 「そうか。残りは天崎だけのようだな。確か――絵は得意ではなかったか?」 ほのかは記憶の糸を手繰り寄せる。 過去に絵画コンクールの受賞歴があったはずだ。 最優秀賞になったことこそはないが、何度も入賞したことがあるはず。 「大したことないですよ、あれは時間をかけて作りましたから」 ――金木犀の花言葉のひとつは確か、謙虚だ。 ほのかはこのときそう思った。 そのまま銀太の横に立つと、目線を上げてスケッチの対象物を仰ぎ見る。 「それにしてもここは――」 ほのかは目を閉じ、すうっーと息を大きく吸い込む。 座りながら横目でそれを見ていた銀太の角度からは、ツンと背を伸ばした白い鼻と、ピンと張ったまつ毛が見えた。 「ここは――やはり甘くて、うん、甘すぎる香りがするな」 表現はともかくその通りだ、と銀太は思った。 ここの香りは甘すぎる。 もちろんその理由はスケッチしているそれ――金木犀の花だった。 「ほんとですよ。本当に甘くてなんだか、嫌になってきました」 銀太はHBのもう丸まり始めている鉛筆を滑らせながら、語気を強めて言った。 おや、とほのかは思う。 銀太が嫌いという感情をストレートに表現するなんて。 担任をしてもう半年だが、こんな銀太は初めてみた。 コミュニケーションには波風立たせないタイプだと思っていた。 「どうした天崎、金木犀に恨みであるのか?」 まるでそんなわけないだろう、と続くかのような語調。 「……特に恨みってわけじゃないですけどね、この主張の強い感じがちょっと。押し売りみたいで、苦手なんですよ」 銀太は顔をあげても金木犀の方しか見ない。 嫌いといった金木犀の方しか。 ほのかは白衣のポケットに両手を突っ込んだ。 絵が得意なはずの銀太が、一人居残りになっている。 そして嫌いであるはずの対象物をわざわざスケッチしている。 なにかあるな、とほのかは思った。 「先生は好きだけどな、金木犀」 「先生が好きかどうかなんて聞いてないです」 銀太は言いながら、自分はこんなことを言いたいんじゃないと思った。 いつもの自分じゃない。少なくとも感情的になっている。 さっさと適当に仕上げて帰れば良かったと内心後悔した。 ほのかは顎に手を当てて一瞬思考し、 「ついて来なさい」 といった後、突然背中を向けて歩き出した。 有無は言わせないらしい。 「え、なんですか。ちょっと待ってください」 「とっておきを見せてあげよう」 銀太は慌てて立ち上がり、ほのかの背中を追う。 「みんなには内緒だぞ?」
/3

最初のコメントを投稿しよう!