『さ』

1/1
318人が本棚に入れています
本棚に追加
/12ページ

『さ』

 リトはひとり、洞窟を歩いた。  化け物が、行け、と言った反対の方向へと、足を運ぶ。  右手に持った松明は、化け物が用意してくれたものだ。  炎の灯りが眩しいと言っていたのに。  体温ですら火傷をしてしまう皮膚なのに。  リトのために、用意してくれた。  化け物のやさしさを思うと、自然と涙が溢れて来る。  ぐすぐすと鼻を啜りながら、リトは歩いた。  来し方にも通った道を、段差に足を取られないよう、足元を照らしながら登り続ける。  やがて、白いひかりが見えてきた。  それは扉の隙間から漏れて来るひかりで……僅かな光量であるにも関わらず、暗闇に慣れたリトの目を鋭く射た。  リトは松明を脇に置き、片手を瞼の前に翳して、もう片方の手を扉へ当てた。  少しのちからではビクともしない扉を、リトは全身を使って、開いた。  そうしてなんとか作った隙間に、小さな体を滑り込ませる。  出た場所は祭壇の裏だった。  リトはここから、神さまの生贄になるために洞窟へと向かわされたのだった。  天窓からは眩しいばかりの陽光が降りそそぎ、リトは目の痛みにしばらく立ち尽くした。  ここは普段、誰も立ち入らない場所だったけれど、ゆっくりしていると教団の人間に見つかってしまうかもしれない。  リトは目が完全に慣れるのを待たずに、周囲を見回した。  視界の端に、なにか、キラキラしたものが映り込む。  なんだろうと思って探してみると、それは、リト自身から発されているものだった。  手や、服が、光っている。  リトは……それがなにかを知り、込み上げて来るものをこらえきれずに涙を落とした。  光っているのはウロコだった。  化け物と抱擁を交わした際に、溶けて貼り付いたウロコだった。  リトは泣きながら、自分自身を抱きしめた。  陽のひかりが当たると、神さまのウロコはこんなにきれいなのだ、と。  そのことを、教えてあげたいと、思った。  あのさびしい神さまに。    化け物は『核』を教団に奪われているのだと言っていた。  それゆえに、肉体はほとんど死んでいるのだと。  だから彼の皮膚は冷えている。  リトに触れただけで、火傷をするほどに。  けれど、化け物が『核』を取り戻すことができたならば。  化け物の体は、ぬくもりを宿して。  あの暗い場所でなくても、生きていけるのではないか。  リトとふたり。明るい場所で。  それが浅ましい願い事だということは知っている。  リトとともに生きることなど、化け物は望んでいないのかもしれない。  それでもリトは。  彼のために、なにかをしたいと思ったのだ。    生贄が洞窟から戻ってくることを想定していないのか、祭壇の裏の秘密の扉の周囲には、見張りなどは居なかった。  いまが何時なのかわからないが、礼拝堂は無人である。  化け物の『核』はどこにあるのだろうか、と考えるより先に、なぜか足が自動的に動いた。  引き寄せられるように、リトはうつくしく飾り付けられた祭壇に上った。  肌が熱い。  ひりつくような感覚を覚えて、リトは腕に視線を向ける。  溶けたウロコの貼り付くリトの腕。  キラキラと光る、化け物の一部……。  そうか、とリトは悟った。  化け物の肉体が、リトを介して『核』と引き合っているのだ。  リトはウロコが導くままに腕を伸ばした。  教団の、太陽を模したシンボルを覆う、たくさんの装飾品を掻き分ける。シャラシャラ、ジャラジャラ。焦るあまりに配慮を欠いたリトの立てる物音が、静かな聖堂に反響する。 「誰だ!」 「泥棒かっ!」 「どこから入ったっ!」  その音を聞きつけたのだろう、帯剣した団員たちが、入り口側から数名なだれ込んできた。  リトは一瞬、ハッと動きを止めかけたが、化け物の『核』を探すことを優先させた。  リトの指先がなにかに触れる。  小指の爪ほどの、小さな赤い宝石であった。  それが、リトに貼り付いたウロコと呼応して、キラキラと光っている。  これだ、とリトは他の宝石とともに、それをぎゅっと握り込んだ。  その瞬間、もの凄いちからでリトは祭壇から引き下ろされた。  床にうつぶせに押し付けられ、首筋にするどい剣先を突き付けられる。 「子どもか」 「こんな場所でなにをしている」 「なにを盗もうとしたっ」 「その手を開けっ」  大人の男たちに口々に詰問され、リトは体を小さく丸めた。  握りしめた手を伏せた顔の、口元に押し付けて。リトは赤い石を口の中に隠した。 「その服、生贄の子どもじゃないか?」 「生贄だ」 「生贄が逃げてきたのか!」 「祭主さまを!」 「祭主さまをお呼びしろっ!」  ざわめきがリトの頭上に広がってゆく。  誰かの手がリトの腕を掴んだ。  無理やりに広げられたてのひらから、バラバラと宝石がこぼれる。  リトはそのまま縄を打たれて。  祭主の前へと、連れていかれたのだった。          
/12ページ

最初のコメントを投稿しよう!