第一話

1/1
419人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ

第一話

(失敗した……!)  そうやって頭を抱えてからどのくらい経ったのだろう。そろりと目を開けてみても、そこにいるモノが変化することはない。 「そろそろ諦めたらどうだ、マスター」  また頭を抱えようとしたオレにそう嘯いたソレ。今のオレを超絶に悩ませているはずのソレはいけしゃあしゃあとそう言ってのけると、めずらしげにオレの周囲へと視線を巡らせた。  今いるのは何の変哲もない森の中だ。  ただし、普段人が立ち入るような生やさしい森ではない――オレのように召喚術を生業とする者たちが新たな使役獣を求めてやってくる、果ては魔界へと繋がると言われている曰くありの場所なのだ。  オレのような召喚士はまず優秀な使役獣や使役魔を従えないとお話にならない。戦闘や旅で役立つ彼らを従えさせることで召喚士自身の価値が上がり、ギルドから与えられるクラスや給金が変わっていくのだ。そんな中でオレはよく言えばパッとしない――有り体に言ってしまえば落ちこぼれだった。それでもこうして唯一できることである召喚術で喰いつないでいられるのは、奇跡的に召喚に成功できた魔犬と呼ばれる種族である相棒と、ある程度の傷なら治せるというちょっとした自分自身が持つ魔力のお陰だった。  だから、オレ自身には悲しいくらいに魔力も、ましてや召喚するための力などほとんどないと言っていい。相棒を召喚できたことがオレの人生で一番上出来な出来事だったのだ。 「人は私の姿を見るともっと悲鳴を上げたりと賑やかにしてくれるのだがな。ずいぶんと肝の据わった奴だ……それとも声すらでないのか?」  同じ魔の属性を持つ者たちは相手の気や力に敏感に反応するという。召喚獣の中では中位クラスで、簡単に召喚できる類じゃないオレの相棒をその気配だけで気絶させたヤツが、オレの前でニヤリと笑う……その鋭い牙の生え揃った口もとで。相手が身動きする度に、硬質な鱗が触れあって独特な音を出すのが聞こえた。 「……ごめんなさい、間違えました」  もう今はただ謝ってお帰り願うしかない――そう思って頭を下げると、ソレが現れてから一際大きな……両翼を広げる音がして、一気に巻き起こった風に吹き飛ばされそうになる。耐えきれずに腕で庇いながら目を閉じているとオレの体を支えるように誰かが後ろに立ったようだった。 「すみません、助かりました! ……れ?」  慌てて目を開けると、目の前で翼を広げたはずのソイツ――漆黒の鱗をした竜が消えていた。振り返ってみると、どうしてこんなところにいるのか分からないような美形な上に長身の、存在そのものがオレへの挑発かと思えるような男が人を笑うような目で見下ろしていた。 「今ここに竜がいたんだ、早く逃げないと――!」  男は旅をしている傭兵といった格好をしている。たまに召喚に失敗して襲いかかる召喚魔や召喚獣を獲物にしている連中がこの森をうろついていることがあるので突然現れてもそんなに驚くことじゃない。  それより最高位召喚士でも滅多に召喚することができないはずの竜がこの場についさっきまでいたことが大問題だった。竜といえば一国をも簡単に焼き滅ぼすことができる、召喚に失敗したら最後の、最凶最悪の幻獣だ。魔界との間の歪みがおかしなことになってしまっていたのかとか、あの竜が出現した理由はさっぱり分からないが、取りあえずこれ以上竜を怒らせる前に逃げるしか人にできることはなかった。 「へえ。凶悪な魔物を、人を呼んで退治するつもりか?」  こんな時だというのに、オレの背後に立っていた美丈夫は暢気にそんなことを聞いてきた。そういえばこの男もめずらしい漆黒の髪をしている。瞳の色は明るい琥珀色で、まるで宝石がはまっているかのようだった。 「あのな、人の都合で呼び出した召喚獣たちを退治するっていうのは考え方がおかしいんだよ。あんたたちはそうやって退治するのが仕事かもしれないけど……」 「でも、現実的に元の世界に戻せないんだろうが」  答えたオレを皮肉げな笑みを浮かべながら一刀両断してくる。初めて会ったはずなのにオレの実力を見破られたような恥ずかしさで顔が赤くなるが、オレにできることといえばソイツを睨みあげることくらいだった。 「もともとこの世界と魔界は繋がってたらしいし魔物がみーんな凶悪とは限らないだろ。取りあえずさっきの竜見つけたらもう一回謝って帰ってもらえないか聞いてみるし……あー、もう取りあえず行こう!」 「……おそらく、謝られてもその竜は帰る気はないと答えると思うが。探しものが見つかるまで――」  探しもの、というのが一体何なのか分からないがもういい加減この森にいるのは別な意味でも限界が近い。元々魔界と繋がるこの場所は魔界から漏れ出る障気が濃いためにふつうの人間が長時間いると体力を奪われてしまう。現に、何度もこの森に足を運んでいるオレも目の前がくらくらとしだした。早めに相棒を引き取って抜け出ないといけない――そう思うのに、次に踏み出した足がよろめいて地面へと衝突しかけて――視界は真っ白に弾けてオレの意識は簡単に消失してしまう。 「目的のものを見つけるまでしばらく世話になるぞ、マスター」  そう言って笑うあの黒竜の声が遠くで聞こえたような気がした。 *** 「……う」  頭がズキズキと痛む。  ゆっくりと瞼を開いて映った光景がよく見慣れた自分の部屋のもので、安堵した。召喚に失敗した回数は多いから危険な目にもそれなりに逢ってきたけれど、さすがに竜がどこかに潜む森の中で気絶するというのは死んでもおかしくないことだったと思う。彼らは人よりも遙かに優れた力も知能も持っているという。だからこそ、人間なんてちっぽけな存在はきっと簡単に潰せてしまう存在くらいにしか思っていないのだと高名な魔導士や召喚士たちは口を揃えて言う。   「そもそも、あんなの使役しようって考えるやつが異常なんだよな」  それにしても、オレのような落ちこぼれの召喚術であんな大きな竜がでてきたということはよほど魔界との間の歪みが大きく綻んできているのだろうか。そこまで考えたところで、開いた扉から弾丸のように飛び込んできたものにオレは呆気なく寝台の上に押し倒された。 「グリフィス! ちゃんと家に戻ってこれたんだ、良かった」  真っ白いからよく分からないが相棒――魔犬のグリフィスはオオカミにそっくりの体躯をしている。魔犬にもランクがあるらしいが、オレにとってはグリフィスが傍にいてくれればそういうものはあまり気にならなかった。もともとあの森に召喚術を使いにいったのも、学生時代の旧友に泣きつかれて仕方なく下級で人によく懐きそうな召喚獣を手に入れるためだった。同じ召喚術を学んでも、一生自分の召喚獣を手にできない者だってたくさんいる。  ひとしきりグリフィスと戯れてからようやく上体を起こすと、間借りしているオレの部屋の扉に背を預けるようにして……あの存在自体がオレへの嫌みのような男が立っていた。すっかりグリフィスだけだと思っていたオレが驚くのすら見物していた男は大して興味もなさそうに扉から背を離す。 「ど、どうしてまだここにいるんだよ……」 「随分なご挨拶だな、ここまで運んできてやったのに。それよりお前が召喚士なのを見込んでの頼みがあるから付いてきたんだ――召喚士なら知っているだろう、"暁の鳥"を」  いきなり飛び出た単語にオレは目を丸くして、それから不審者に対してまるで借りてきた猫のようにしているグリフィスへと視線をやる。"暁の鳥"は魔界へと追いやられた種族の一つにつけられた通り名で、鳥のような羽毛に覆われた大きな両翼に人に似た美しい容姿を持つ、竜よりも更にめずらしい……まさに幻のような存在だ。 「知ってるけど、でも伝説くらいでしか……その"暁の鳥"とあんたと、どう関係するんだよ」 「探している」  短い答えに会話を続けるのが難しい。それにしても、魔界にいる"暁の鳥"を探しているのならもっと高名な召喚士のところに行かなきゃ見つけられないんじゃないだろうか。……そう思っていると、オレの心を読んだかのようなタイミングで男は琥珀の眼差しをこちらへと向けてきた。 「魔界にはもういない。彼らの最後はもう既に奪われている……この、人の世界にな。魔界の王が変わるには"暁の鳥"の声が必要だ。だから、探している」 「初めて聞いた話だけど……そもそも、何であんたが魔界の王サマのこととかそんなに詳しいんだ? 探しているっていうけど、どうして必要に――」  魔界のことは召喚士であってもほとんどのことは知らない。人と話すことができるくらいの上位召喚獣は滅多に現れないし現れたとして自分の世界のことをほいほいと話すような人なつこいヤツなんて上位クラスにはほとんどいない。だというのに傭兵もどきみたいなこの男が異様なほどに詳しそうなのが怪しく思えていぶかしんでいると、男は最初に現れたときと同じような皮肉げな笑みを浮かべてゆっくりとした足取りでこちらへと近づいてきた。 「それは私も王位争いに関わっているからだ、マスター」  より一層低い声音。思わず身震いしてしまいそうな声が発した言葉にまたオレは動揺する。頼みの綱であるはずのグリフィスは耳をぺたりと伏せておとなしく寝台から離れて行ってしまった。いつもなら自分よりクラスが上の召喚獣にも果敢に立ち向かう相棒が、だ。 「マスターって……」  不意にあの黒竜の声が男のものと混じりあったような錯覚に陥った。混乱し始めるのと同時に、グリフィス同様に逃げを打とうとしたオレを逃がさないとばかりに強く寝台に両腕を拘束されて目を見開いてしまう。  そこにいるのは鋭利な容貌を持つ人間、のはずなのだ。 「ただの人間にしてはよく保つな、お前は。お前の飼い犬のように逃げ出せなかったら人間の気は狂うのが常なのだが。気に入った」 「……あ、あ……あんた、まさか――」  オレよりひと頭半は余裕で高い長身が覆い被さってくる。そいつの切れ長な琥珀の瞳は、その瞳孔は爬虫類のように縦に割れていって――。 「私がお前を選んだんだ、目的を果たすまで付き合ってもらうぞマスター。少なくとも、私の気を保つのに適う程度の力を持っているのだから精々私の気を鎮めることだ」 「……っ、なにする気だよ、言っておくけどオレ殴ったって金なんて出ないぞ! それからっ!」 「威勢のいいことだ。……なるほど、お前の価値に気づいた人間がいなかったのは幸運だったな」  マスター、とオレのことをそう呼びながら馬鹿にしたような目つき。半泣きになりながらもようやくオレは檻かなにかのようにオレにのしかかっているこの男の正体が分かりかけていた。ふつうの人間の瞳孔が突然縦に割れることなんてどうがんばってもあり得ない。そんな瞳を持っているのは爬虫類と一部の魔物――例えば、竜だけだ。そして人に変じることができる魔物というのは本当のごく一部、人間が勝手に決めたランクで言うのならば上位の更に上、高位の魔物たちだけだった。 「……あんた、よほど腹空いてるんだろ。だからオレみたいな貧相なのを食べようとしてるんだ」  昔聞いた話の中に竜は人間なんか簡単に丸飲みできるっていうのもあった。こんな人の姿をしていても正体があのでかいヤツなんだったらオレは間違いなくこいつにとって餌以外の何者でもないだろう。思わず恨めしい口調になりながらも最後の気力でやつを睨みあげると、一瞬ヤツが不意をつかれたような顔をして、面白いとでも言いたげに口の端をつり上げた。  それから空いていた方の腕がオレに伸びてきてつい目を閉じてしまうと、てっきり首でも絞められるのかと思ったのにまったく手入れしていないオレの髪を緩やかに梳く気配にオレの頭の中で疑問符が踊り出す。 「確かに餌にするならば随分と貧弱だしな。その生意気そうな紅い瞳が色に犯されるのを見る方が楽しそうだ」 「……な……ンッ?」  深い口づけ。生きてきた間に数えたくらいしかしたことのないものが遠く霞んでしまうような、一番深く濃厚なものにオレの冷静な思考が一気にはじけ飛ぶ。相手が人だろうが魔物だろうが関係なしに突き飛ばしてやろうともがいているのに、憎たらしいことに隆々とした筋肉を誇るそいつの身体はびくともしない。   「ふざけ……ッ! ヤメ――」   一体なにが起こるのか、なにが起こってるのかオレの頭が考えるのを放棄してしまう。まともに見た最後のものは、琥珀の瞳を細めて笑う、魔物の愉しげな笑みだった。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!