《5》

1/1
41人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ

《5》

「どうゆう心境?」  私を追いかけてきた京ちゃんは、腕から大量の名刺ケースがついたストラップを下げたままだった。 「そんなの考える暇なかったよ。無意識だもん」  遠くから、大きな笑い声が聞こえる。廊下の窓から目をやると、ホースを持った男子生徒が水をかけ合ってふざけていた。  私は無意識に、御園先輩が書いた願い事の紙を宙に浮かせていた。  それが自分にとってどんな意味だったのか、自分でも良くわからない。 「そ、」  京ちゃんは、右手に持った辛うじて《加納》と読み取れる金色に染まった名札をケースに納めると 「ま、よく頑張りました」  と言ってから、私の首に恭しく下げた。 「ありがとう」  文化祭を2人で周っていたり、ファイアーストームで横に並んでいるところを見るのはまだちょっと辛いけど、何となく、私は大丈夫な気がしていた。 「今日は、このまま帰っちゃうか」 「うん」  京ちゃんが、私の手を引く。私は口を開く。 「なんかだんだん腹立ってきた、オカルト嘗めんな。こっちは本物だっつーの」 「あはは、いいね」  私の言葉に、京ちゃんは心底愉快そうに笑ってくれた。  私は超能力者。1センチだけ、モノを宙に浮かせることが出来る。  それが何だ。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!