ヒヤシンス・アパートメントとフラワーマンション

昭和50年代 小田急線の小さな駅。商店街の様子やノスタルジックなマンションの思い出エッセイです

ふじ乃

11分 (6,437文字)
40年前の様子を思い出して書いています

15 512

あらすじ

お菓子のコトブキのパフケーキ、サン=ジェルマンのパンドゥミー、今は無いおしゃれスーパー「シマダヤ」。。。両親が別居を解消して、4年ぶりに父親との生活が始まった12歳の私。思春期の入り口に立った筆者が引

タグ

感想・レビュー 1

昭和三十年代に住んでいたことがあります。

初めまして。阿賀野たかしと申します。 千歳船橋の名前があまりにも懐かしくて、思わず読んでしまいました。 だいぶ様変わりしているみたいですね。当時は小田急線の色が紺色と濃い黄色のツートンカラーでした。
1件1件

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2019/5/19