side:Miku

1/4
140人が本棚に入れています
本棚に追加
/95ページ

side:Miku

プロローグ ──『それ』は、突然やってきた。 小鳥のつがいが嘴をついばみ合い、モンシロチョウが菜畑をふわふわと舞って、子猫達が夢中でそれに手を伸ばすような穏やかな春の空。 その衝撃は、言ってみれば、そんなのどかな情景に前触れもなく青い稲光の大きな亀裂が走った瞬間に似ていた。 そんなはずはない、こんなの気のせい。 何度言い聞かせたって、体はいうことを聞いてくれない。震える指先をぎゅっと握りしめる。 一歩距離が縮まっただけで、こんなにも空気が濃くなる。息が上手く吸えない。心臓が壊れてしまいそうなくらい、激しく胸を叩いて、彼にこの音が聞こえてしまうのではないかと怖くなる。 「ねえ」 背の高い彼が、体を少し折り曲げて顔を寄せた。茶色のさらさらの髪が揺れている。 ぼんやりしている意識と体を叱咤し、なんとか後ずさったら、背中が教壇にぶつかった。 どうしよう。逃げ場がない。
/95ページ

最初のコメントを投稿しよう!