side:Miku

3/4
140人が本棚に入れています
本棚に追加
/95ページ
そう言った瞬間、彼は何故か顔を歪めた。どこか苦しそうにさえ見えるその表情に、身体の内側が小さくざわめきたつ。さらに手のひらを強く握りしめた。 寺島くんは小さな吐息をついたあと、ボソリと呟いた。 「……進路がなかなか、決められなくて。先生に相談にのってもらいたいんだけど」 そういってこちらを見つめた寺島くんの瞳は、まるで迷子になった子供みたいだった。 不安げで、悲しげで。なにより切なそうで。 そんな表情(かお)をするなんてずるい。そう思うのに、鼻の奥がつんするような感覚の後、涙が滲みそうになって、慌てて俯く。 なんとか表情を変えないように堪えながらもう一度顔をあげると、寺島くんはじっと、わたしの答えを待つように見つめていた。静かに、でも強い光を湛えた瞳で。 「職員室で……」 「え?」 「職員室で良ければ、今日の放課後、相談を受けます。それでいいですか?」 進路指導は普通、放課後の教室で、生徒と1対1でする。だけどふたりきりで教室にいるなんて、今のわたしには絶対ムリ、だ。
/95ページ

最初のコメントを投稿しよう!