誰がために流す涙

4/4
5458人が本棚に入れています
本棚に追加
/98ページ
「うっ……」 「痛いか?」  オレは小さく首を横に振り、一樹にしがみつく。  侵入してくる異物に、体が拒否反応を示す。たかだか指一本、ローションのおかげで異物感はあっても、痛みは無かった。なのに自分でもどうかと思うぐらい体が強張る。  一樹はそんなオレを見て、ぐちぐちと固いふちを解し拡げながらゆっくりと指を奥へ進めていった。  一樹が気遣ってくれているのがわかる。しかし、自分ではないモノが入ってくる……体のナカで鮮明に感じるその感触がこわい。 「……」 「……っ、ひあ!?」  そんな緊張でガチガチに固まっていたオレに、一樹は何を思ったのかわずかに上体を起こし突然もう片方の手でペニスに触れてきた。思わず素っ頓狂な声が出てしまう。  そのままグチグチと先端を中心に手のひらで扱かれると、強い刺激に体が跳ねた。 「ユキ、大丈夫だから、力抜いて」 「んぁ、い、まって……ぁっ、~っ!」  意識が逸れた隙に、一樹の指が更に奥まで割り入ってくる。  前とうしろ、別々の刺激にどうしていいか分からず、一樹の手に翻弄された。  指が、中でゆっくり動く。指先を曲げられて、狭い壁をなぞりながら、抜き差しされる。 (うあ、指がナカで動いてるのがわかる……っ)  意識するとダメだった。びくりと腹筋に力が入り、その動きをより鮮明に感じ取ってしまう。 「キツいな……」 「あ゛あっ、ふぁ、ヘン……っ! なんかヘンなかんじ、する……ぅっ」 「へん? ……それだけか?」  クプクプと下からいやらしい水音が聞こえてくる。ぐるりと抉るように指を回されると、無理やり広げられたアナルのふちが引きつった。 「ほら、ここ」 「や、……あっ、ふ、やっああっ!?」  異物感に慣れてきたところに、粘膜を引っ掻くように指を動かされる。すると中がジンジンと熱くうずいた。体は勝手に跳ね上がり、与えられる感覚から無意識に逃れようと必死だった。そんなオレに構わず、一樹はそこを執拗に押しつぶしてきた。それに合わせて、震えるペニスの先端をにちにちと容赦なく擦られるのだからたまったものではない。 (う、うそだ、こんなところが、こんな感じるなんて……っ)  下腹の奥から自分で制御できない射精感がこみ上げてくる。言いようのない感覚にぐっと足先が丸まる。 「あ……、なに、そこ、あたって、や……やぁ、ッ、あッ、」 「……ここが?」  二本に増やされた指がずぶずぶと律動する。中をぐりぐり突かれるたび、溜まった熱が体の中を暴れまわっているかのようだった。体験したことのない快楽に、頭がおかしくなりそうだ。 「あ、うっ、あぁ、んっ! いく、やだやだ、い、いっちゃうから……っ!」 「……感じやすいんだな」 「あ、なに? ……うっ、あぁ、なかっ、や、あっ!」  一樹が唸るような低い声で何かを呟く。それを聞き取ることが出来ず聞きかえすも、一樹は答えてくれなかった。  かわりに中に埋まった指がさらに激しく抜き差しされ、恥ずかしい水音が部屋に響く。  オレのペニスを掴んでいた一樹の手はぱっと離されて、閉じかけていた片足の膝裏を掴む。力の入らない足はそのままぐっと持ち上げられた。  大きく開かれ、情けなく先走りを流す腫れあがったペニスや指を飲み込むアナルが無防備に一樹にさらされた。 (は、恥ずかしい!)  一樹から、今の自分はどう見えているのだろうか。肩で息をしながら、思わず一樹を見る。すると一樹は眉をよせ、余裕なく興奮した様子でじっとこちらを見つめていた。ただ、どこか……怒っているような、思いつめたような、そんな表情に不安を覚えた。 「い、一樹?」 「紫苑にも、抱かれたのか、こうやって」 「へ? 紫苑? それ、は…………ひッ、ああっ!」  なんでここで紫苑の名前が出てくるんだ。しかも、全く思い当たる節がないわけではなく……黙ってしまったオレに、一樹は何かに耐えるように顔を歪ませて再び狭い内壁を責め立てた。  ぐちゅ、くぷ、くぷっ、と一樹の指が奥へ当たるたびに体が跳ねる。その激しさに喘ぐことしかできなくなった。 「は、ああっ、うっ、や、激し……あっ、あぁ……っ!」 「……」 「……ぁ、一樹!」 「……」  ずるりと指を引き抜かれる。抜けていく感覚にまた小さく震えて余韻に耐えていると、一樹は体を起こして、勃起したぺニスを取り出した。 (お、おっきい……)  目の前に現れたそれを思わず凝視してしまう。大きい。前にも見たことのあるはずのそれは、記憶よりだいぶ大きく感じた。自分の中にあれが入ってくる、と思うからだろうか。いや、本当に前より大きくなってる……? そんなわけはない、か……?  どちらにせよ、固く反り返ったそれに、ふたたび弱気になりずるずるとベッドヘッドへ後ずさりしてしまう。  一樹はそれが気に入らなかったのか、むっとしてオレの足首を掴んで引き寄せてきた。 「うあっ!?」 「ユキ、言っただろ」  まるで子供に言い聞かせるかのように優しい声。しかし、その目ははっきりとした熱をはらみ、こちらを見据えてくる。 「もう、止めてやれないって」 「あ……」  熱い塊が押し付けられた。  ローションに濡れたアナルはクチュ、と粘着質な音を立ててそれを受け入れる。腰を掴んでいる一樹の手がやけに熱い。  入る。入ってくる。熱い。 「あぁ、ッ……!!」 「っ、……」  指の比じゃない存在感に軽くパニックだ。苦しそうな声に一樹もキツイのだろうことがわかる。しかし、それも構わず狭い隙間を押し拡げるように、みっちりとペニスをねじ込まれていく。  張り出したエラが粘膜を擦り上げながら奥へと進んでいく刺激に、たまらず一樹の腕を掴んだ。  自分の身体の中に、自分以外の他人の熱を感じる。密着した場所から溶け出してしまいそうな、そんな未知の衝撃が体を突き抜けた。 「あ、なかぁ、入ってる……っ、一樹……!」 「……ユキッ」 「あああっ!!」  一樹が急に抱き着いてくるものだから、中に納まった固い先端がごりっと内壁を抉った。たったそれだけで自分のものじゃないような甲高い声が出てしまう。 「ひっ……、や、急にっ、動くな、一樹のばかっ……!」 「すまない」  悪いと思ってないだろっ! ふいに襲ってきた刺激に、一瞬息をするのを忘れてしまった。  その間にも耳元を熱い息がくすぐる。そのかすかな刺激にもピクリと反応してしまう。お、落ち着け、大丈夫、大丈夫だ。そう自分に言い聞かせてグッと目を閉じた。その目じりに一樹の唇が触れた。後ろに回った腕にぐっと力がはいる。 「……痛いのか?」 「え……?」  どうやら、自分でも気づかないうちに泣いていたらしい。  ここまできて、まだオレのことを心配するのか、この男は。 「……」  オレはおずおずと手を伸ばすと、また一樹の首をかき抱いた。密着した肌がどこも熱くて、落ち着かない気分になる。 「い、痛くない……けど、はじめて……はじめて、だから……ゆっくり……」 「……はじめて?」  ピクリ、と一樹の肩が揺れた。そうだった、なぜか紫苑に抱かれたと勘違いされているのだった。  ……近い将来そうなるとしても、今、この時点では紫苑に抱かれてない。まぁ、襲われたことはあるけど。でも、それでもこういうことは一樹が、全部初めてだった。  そう、全部だ。  気持ちいいキスだって、大事なところを触られるのだって、そしてこうして抱かれるのだって、全部、一樹が初めてなんだ。  自分でも、どうして出会って数か月足らずの同級生にそこまで気を許せるのかわからなかった。でも一樹になら、いいかなって、そう思ったんだ。それが、この感情が何なのか自分でもよくわからない。答えがでないままでいる。でも、一樹にされること全部……拒否できない。嫌じゃないんだ。 「お願いだから、ゆっくり……」  心臓が壊れるんじゃないかってぐらいバクバクする。それを落ち着かせようと一樹の肩口に顔を埋めると耳元で低く唸るような声が聞こえた。  ずるりと埋まったものが出ていこうとする。一樹はずっぽりと奥までハマッたそれをゆっくりと引き抜き、また一気に奥へと突き入れた。 「あああっ!?」  奥を突かれた瞬間、目の前で星がチカチカと瞬く。中で一樹のものをぎゅうぎゅうと締め付けてしまう。  ゆっくりって言ったのに!  抗議しようと口を開くと、すぐに唇を塞がれてしまった。 「んんッ……」  舌を吸われて、絡め取られると痺れるような気持ちよさに力が抜ける。  すると、一樹の腰が動き始めた。中を確かめるようにぴったりとくっついた腰が揺さぶられる。今度はちゃんとゆっくりとだ。小刻みに揺さぶられるたび、さらに奥へと入り込んでいくようで、その感覚に震える。 「むぅ、んんっ…んっ、んっ……」  太くて硬いものが内壁を圧迫する。密着する場所全部が気持ちいい。優しく突かれるたびに、ふさがれた唇から甘い声が漏れた。ゆるゆるとした動きに、一樹もこちらを気遣ってくれているのがわかる。 「気持ちいいか?」 「んっ、い、いいっ、……っ」  唇が離れ、熱い息が耳朶をかすめる。一樹も余裕がないのだろうか。低く掠れた声にゾクゾクする。  中の、狭い場所をぐりぐりされるとたまらなくて、コクコクと素直に頷く。すると一樹は嬉しそうに目を細めてじっとこちらを見つめ、また唇を塞いできた。一樹は、キスが好きなんだろうか。擦り合わされる舌が気持ちよくて、自分も必死に舌を絡ませた。 「んん、んッ……んっ、ふ……んっ」  一樹のものがゆっくり抜き差しされていく。徐々に長くなるストロークとともに、固いペニスが狭い内壁を擦り上げていく感覚に腰が震える。ぬぷ、ぬぷと粘着質な音が胎内から聞こえてくるのがやけに生生しく感じて、ああ、今オレはセックスしているんだと今さらながら実感し気持ちが昂っていく。 「い、いつ、きぃ……」  キスの合間に名前を呼ぶ。ゆっくりと高みへ追い詰められていくような感覚に、少しだけ物足りなさを感じてしまい、無意識に腰が揺れてしまう。  もっと、もっと先がある。もっと大きい快楽が、きっとある。その期待を含んだ声は自分のものじゃないくらい甘ったるくて、それが信じられない。 「ユキ、かわいい、ユキ」 「んぁ……あっ、いつき……」  乱れた前髪を、一樹の指がスルリとはらう。そんなかすかな刺激にも反応してしまう。  今なら、なにをされても快感に変換されてしまいそうだ。もっと、して欲しい。さっき指で押しつぶされたところ、あそこを今突かれたら……そんな淫らな想像をしてしまい、興奮でじわりと涙で視界がゆらぐ。  にじんだ視界の先で、一樹は俺をじっと見つめながら、両手で腰を掴んできた。そして……ぐちゅ、と勢いよく、奥を突かれた。 「ふっ、ふぁ、あ゛ッ!!」 「くっ……」  いきなりの強い刺激に全身がビクリと跳ねた。  一樹はそれも構わず、先ほどの緩やかな動きとは打って変わって激しく腰を打ち付けられる。  逃がさないとでもいうように強く腰を掴まれて、何度も何度も奥を突かれるごとに、まるで波に溺れるような快楽が押し寄せてきた。 「ああっ、あっ! 急にそこ、あ~っん、やっ」 「ここ、好きなんだろ?」 「や、やぁ、あっ、あっ、そこばっか! ん、ああッ!!」 「こっちも、ほら」 「ひっ!! ~~っ!」  前立腺を押しつぶすように突かれ、さらにしばらく触れてなかったペニスをいきなり掴まれた。  不意打ちの刺激に暴発しそうになるのをこらえる。  が、そのせいで一樹のものを締め付ける結果となってしまった。大きく張り出したエラだとか、なかで脈打つ感覚だとかがダイレクトに伝わってくる。 「はっ、ああっ、あっ、なか……」 「中、いいか? ……ビクビクしてる」 「あっ!! いっしょには、やっ、あぁぁああっ!!」  激しくピストンされながら、器用に腫れ上がったペニスを擦られる。たまに押し付けられるように奥をぐりぐりされると、呼吸を忘れてしまうくらい全身がジンと痺れた。  強すぎる快楽に、完全にキャパオーバーだ。頭が真っ白になって、一樹から与えられる刺激に喘ぐことしかできない。 「やあ、あっ、も、いっちゃう、いっちゃうからっ、やめ、あ、んっ!!!」  こんなの、すぐにイッてしまう!  そう訴えるも一樹は聞こえていないかのようになおも激しく中を攻め立ててきた。 「まって、あ、イッ…あっ」 「我慢するな、ほら」 「ひ、……あっ、あ――っっ!!」 「……くっ」  一層奥を突かれるのと同時に、敏感な尿道口をぐちりと爪で抉られる。  その暴力的なまでの刺激に、ついに絶頂をむかえた。 「あ……はぁ、はぁ……んっ」  全身が甘く痺れる。まだ、中がビクビクと痙攣して、一樹のものを締め付けてしまう。  すると、中に違和感を感じた。いや、太いモノが入っているのだから違和感があるのは当たり前なのだけれど、そのほかに、もっと…… 「……すまない、中に……」 「あ……あぁ」  中出し……その言葉が頭をよぎった。そうか、違和感は中に出されたものが原因か。 「いや、平気……たぶん……」 「……」  そんなことより、全身の疲労感がすさまじい。いまだ整わない息に、頭がクラクラする。  一樹が、そっと髪を梳いてくる。心地良いそれに、重い瞼が閉じていく。 「ん……」 「ユキ……」  あー、これはもう寝てしまうな。どこか他人事のように自分の状態を判断する。  一樹の手が、髪から離れ、頬を撫で、首すじ、胸へとおりていく。 (くすぐったい……)  瞼は完全にくっついて、もう持ち上げることは不可能だ。意識が、沈んでいく。  一樹の手が、下腹で止まった。温かい手のひらの感触が落ち着く。  ああ、もう、ダメだ…… 「……好きだ」  呟かれた言葉は落ちていく意識の中で、聞き取ることは出来なかった。
/98ページ

最初のコメントを投稿しよう!