専業主婦の苦悩

18/35
77人が本棚に入れています
本棚に追加
/121ページ
「翡翠さんは家事が得意なんですか?」 「得意とまではいかないけど、大体のことはできる。」  ほんのり笑った翡翠さんの顔はとても頼もしく見えた。 「本当にいいのかしら。」 「案ずることないでござる。時には誰かを頼ったっていいんでござるよ。」 「…それなら、お願いしようかしら。」  花園さんは安堵したように微笑んだ。重りが1つ外れたのか、以前よりも軽い、素敵な笑顔だった。 「もちこも協力してくれる?」 翡翠さんがぼたもちに言う。 「御意。しかし、今日はもう魔法が解ける時間でござる。」 「そうね。じゃあ、時間のある時に、いつでも来てください。日曜日の3時なら、もちこも相手をしてくれる。」  翡翠さんが包み込むような優しい声で言う。 花園さんの物語は、ハッピーエンドに向かっているようで嬉しかった。
/121ページ

最初のコメントを投稿しよう!