1年のマシンガンの子

1/1
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/232

1年のマシンガンの子

 西暦2040年。  わたしの愛用はマシンガン!   父と母が約束どおり、「受験勉強大変だったね」と、高校の入学式直前に買ってくれたんです。  クラスメイトからすぐ〝マシンガンの子〟として、顔を覚えてもらえました。  クラスでマシンガンを持っているのは、わたしひとり!  周囲の子は拳銃です。一部の子だけは、持ってません。  入学して一週間過ぎた頃、高校から帰宅して、母から言われました。 「学校鳴れた? お友達できた?」 「ねえ、お母さん、銃持ってない子いるよ」  母の表情に影が差します。 「一部の子でしょう?」 「うん、クラスで数人かな」 「人を決めつけてかかるのは、本当は良くないことだけど、もしかしたら、少し考えが違う子かもねえ。家に連れてくるのは避けたほうがいいかも」 「分かってる」  当たり前のことを、わざわざ言うのが、母のマイナス面。 ***  会社員の祖父がわたしの後、夕方帰宅しました。 「あ、おじいちゃん、お帰りなさい」 「ただいま。今の高校は早く終るんだね。おじいちゃんが高校生の頃は、夕方まで授業があったんだよ」  祖父の話は、古過ぎて、今では有り得ないことばかり。祖父は帰ってくるなり、自室でパソコンを起動させます。パソコンでインターネットを観ていました。  平日の学校は、午後1時位で授業は終わりです。祖父が高校生の時代、20世紀の昭和時代は、夕方まで授業あったそうです。  先生だって雇用労働者でしょう。うちの高校で先生方は、朝早くから勤務開始です。  午後1時に授業終らせて、その後、部活動の指導、生徒や保護者の相談、デスクワークなどです。  午後3時で、高校の門は閉められ、校内は無人になります。   *** ●クレジット表記 ・フリー写真素材ぱくたそ(httpswww.pakutaso.com)様 ・photo by すしぱく様 ・model by 河村友歌様 ・作品名「放課後、精一杯の勇気」 840758ff-aeb3-4d02-97c4-ce19d635f26e
/232

最初のコメントを投稿しよう!