平成時代の考えの祖父

1/3
64人が本棚に入れています
本棚に追加
/358

平成時代の考えの祖父

 優しいおじいちゃんが、かわいいマシンガンを、そんな風に言うなんて。傷つきました。  わたしは、スクールバッグを手に、無言で床を蹴るように立ち上がりました。祖父は気難しい顔で、立ちはだかります。 「おじいちゃんは、撃ち合い部は認めない。更衣室で着替えるのが……」  おじいちゃんは思考回路が、コードで繋がっているのでしょうか。若手社員だったのは平成時代。アナログ人間過ぎです。  怒りで出ないはずの声が漏れました。 「おじいちゃんの考え、古すぎっ!」  部屋の空気が一変しました。母がソファーから、立ち上がります。 「おじいちゃんに謝って! 年長者に対する礼儀がなってない」  母に振り向きます。 「少子高齢化で若い世代が少ないんでしょう。わたしのような、若い人が大事にされるべき。言い過ぎたなら、ごめんなさい」 「おじいちゃんに謝りなさい!」  わたしは、ヤバッ自分がサイテーなヤツ、と悔し涙が頬を伝わります。おじいちゃんをスルーして、自室に戻ります。  母や祖父がドア開けようとするでしょう。ドアに背中を預けました。 「話は終ってないわよ。出てきなさい」  母のくぐもった声がしますが、後ろ手でロックを探し、手が泳ぎます。  部屋の明かりのスイッチを押してしまいました。その後、内側からロックしました。 「話したくない」  もう寝る! カーテンを手荒く閉めました。  制服のまま、ベッドで横たわります。自分が恥ずかしくて、涙が枕を濡らし、頬が少し冷たいです。  弟の声が壁越しに、放っておけば、その一言が、わたしの鼓膜を震わせます。弟への復讐心が湧き上がりました。   ***
/358

最初のコメントを投稿しよう!