わたしは眠れない夜を過ごした演技をした

1/3
64人が本棚に入れています
本棚に追加
/358

わたしは眠れない夜を過ごした演技をした

 朝、目覚まし時計が鳴ります。早めに寝たので、体はすっきりです。太陽の光で全体が明るくなったカーテンに、隙間がないか、また入念に調べます。隙間はありません。 「他にコンビニ袋ない」  スクールバッグを探しても、適当な透明でない袋はありません。部屋着を脱ぎ、昨日のビニール袋に折りたたんで入れます。下着と一緒なのが気になります。洗濯機では一緒に洗うモノ、と自分に言い聞かせます。  鏡の前で制服に着替えてます。髪のボサボサ感がハンパないです。いかにも眠たそうに目を擦りながら、自室のドアを開きます。 「お早う」 「あ、お母さん、お早う」  朝食は並べ終えてありました。母はヘアブラシを手にして、わたしに近寄ります。 「制服のまま寝ちゃったんだ。昨日はごめんね」  無言で俯き、母の振る舞いを見極めます。夫婦喧嘩した翌日のような、優しすぎる態度は、味方確定です。  弟は朝食を食べ終えており、すっかり身支度を整え、中学へ出かけます。野球部の朝練があるようです。 「いってらっしゃい」  母は弟にも優しい声です。
/358

最初のコメントを投稿しよう!