都落つ

1/2
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/10

都落つ

男の子みたいな姿に身を変えられた美保と、この世界で再会してから三日程が過ぎた頃…。 都での暮らしにようやく慣れてきたアタシは、宮廷の外れにある小部屋で、これまでに至る話を美保と一緒に語り合ってたんだけど…。 「…それにしても、那由は、学校でも色んな事に首を突っ込む事が多かったけど、今回ばかりは、本当に大役を引き受けたものよね。」 美保が、アタシにそう呟いてみせた。 「別に、アタシがなりたくてなってしまった訳じゃないもの。もし、誰かに代わって貰えるなら、代わって欲しいくらいなんだからぁ。」 でも、無理が通れば道理が引っ込む、なのよね。 これじゃあ、相田那由だった頃のアタシの方がマシだったかも…。 相田那由だった頃のアタシが懐かしい…。 別に、クラスの男子に、胸元を突っつかれたり、スカートを捲られたりされた方が良いなんて言ってる訳じゃ無いからね?…そこんとこ、勘違いしないでよね。 美保が、アタシに話した。 「…でも、この時代、男だからとか、女だからとかって、性別が違うと言うだけで、扱われ方が天と地ほどの違いがある訳なのよね?」 「…まあねぇ。」 「案外、私達って、今の自分を演じた方が良いのかも知れないわね。ひょっとしたら、そこに答えが隠されているのかも知れないし…。」 「今の自分って、何?」 「今のアナタは、相田那由じゃ無くて、言仁なんでしょ?…ワタシは公仲なのよ。お互い、今の自分を演じ続けていれば、何時かは、ワタシ達の世界に戻れると思うの。」 「…ひとつ聞いて良い?」 「…えぇ。」 「公仲って、どんな人物なの?」 「…それは、ワタシが直接、話をするよりも、アナタがこれから先、色んな事を経験しながら理解してくれる方が良いと思うけど。」 何だか答えになってるみたいで、なって無い気もするんだけれど…。 そして、公仲は妾に告げる。 「…明日からは、アナタは言仁。ワタシは公仲を演じるからね。人と人との約束よ?」 そして、その日の夜は何事も無く明けるのだった。美保とアタシの不安を残したままで…。
/10

最初のコメントを投稿しよう!