いつまでも、ふたりで

8/9
30人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
「しちゃおうか、結婚」 「なにそれ、あの日の自分の真似してるの?」 「はは、ばれた?」 ──しちゃおうか、キス 同じ言葉で言う竜くんに自然と笑みがこぼれる。 「あたしたちにとって重要な言葉だもんね」 「普通に聞いたらただの軽い言葉だけどな」 あの日から始まったあたしたちのトクベツ。 そして、そのトクベツが始まった日と同じ日にプロポーズをしてくれた竜くん。 今日5月23日は、今年もまたあたしたちにトクベツをもたらせた。 「結婚記念日よりも今日がトクベツだね」 あたしがそう言うと、フッと優しい笑みであたしを見る。 「そうだな。毎年、今日にお祝いしような」 「何年経っても、子供が生まれてパパとママになっても。おじいちゃんとおばあちゃんになっても」 「茜とならずっと一緒にいれるって信じられる」 〝信じられる〟 過去の出来事が原因で他人を信じることができなかった竜くん。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!