プロローグ

1/2
985人が本棚に入れています
本棚に追加
/84

プロローグ

「はい。3番テーブル上がったよ。熱いから気をつけて!」 「サンキュー」 「それ出したら、帰りにカウンターのお客様の注文取って。多分、ジントニだから、タンカレー冷やしてる事伝えて。」 「はい。分かりました。 史花(ふみか)さん。後ろ通りまーす。」 オレは、この春から、新オープンしたカフェバーameno(アメーノ)で働いている。 オープンの10日前から、メニューの暗記や接客、物の位置など、徹底的に研修を受けた。 マスターは、超イケメンで料理も上手くて優しいけど、仕事にはめちゃくちゃ厳しい。 一度、叱られっぱなしで、ムッとしたら、その理由を、目を見てしっかり教えられた。 自分や周りに火傷や、怪我をさせない事。 そして、お客様には日常から離れて寛いで貰いたい事。 裏を返せば、食器を落として割ったり、些細な事が苦情に繋がったりすると、その人も、周りの人にも嫌な気分を味わせてしまう。 そんな空間は、危険だし、とても寛げない。 そして、キチンとした接客は、怪我や苦情からオレ自身の身を守る事にも繋がる。 そういう事だ。 と。 惚れた。 完全に惚れた。 この日から、ここのマスター、雨野 秋成(あめの あきなり)を、なんとか振り向かせる為の作戦が始まったのだ。
/84

最初のコメントを投稿しよう!