浜百合の道行き

ある夏の日、座敷童とお世話係の青年の、一日だけの逃避行。

7 8

9分 (5,323文字)
遠野の座敷童が、お供を道連れに釜石に家出する話です。楽しんでいただければ幸いです。

あらすじ

あやかしの子守をするために生きてきた青年「紘」と、ざしきわらしの少女「花」。 ぬるいスタンスで子守業をしてきた紘はある日、花にせがまれて彼女を海の街へと連れ出す。夏の日の、一日だけの駆け落ちのはなし。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/5/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る